プラグインハイブリッド版「トヨタRAV4」の販売がスタート

2020.06.08 自動車ニュース
「トヨタRAV4ブラックトーン」。以下、内外装の写真はすべてブラックトーンのもの。
「トヨタRAV4ブラックトーン」。以下、内外装の写真はすべてブラックトーンのもの。拡大

トヨタ自動車は2020年6月8日、ミドルクラスSUV「RAV4」のプラグインハイブリッド車「RAV4 PHV」を発売した。

駆動方式は4WD。システム最高出力306PSを発生する。
駆動方式は4WD。システム最高出力306PSを発生する。拡大
 
プラグインハイブリッド版「トヨタRAV4」の販売がスタートの画像拡大
 
プラグインハイブリッド版「トヨタRAV4」の販売がスタートの画像拡大
 
プラグインハイブリッド版「トヨタRAV4」の販売がスタートの画像拡大

同年6月4日に発表されたトヨタRAV4 PHVの販売が正式にスタートした。既報の通り、同モデルは現行型RAV4をベースに新開発のプラグインハイブリッド機構を搭載したSUVで、「さらなるFun to Driveを追求した走り」や「0-100km/h加速6.0秒の動力性能」、「95km(WLTCモード)のEV走行距離」、「一給油・一充電あたり1300km以上の航続距離」、「エンジンをかけずに使える給電機能」などがセリングポイントとなっている。

ラインナップは、ベーシックグレード「G」のほか、運転支援システムを充実させパワーバックドアなどが追加された「G“Z”」、ブラック塗装と切削光輝加工を施した19インチホイールやデジタルインナーミラー、おくだけ充電機能も備わる「BLACK TONE(ブラックトーン)」の計3タイプ。価格は以下の通り。

  • G:469万円
  • G“Z”:499万円
  • ブラックトーン:539万円

(webCG)

関連キーワード:
RAV4 PHV, トヨタ, RAV4, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • 第647回:コンフォート性能を追求したブリヂストンのSUV用タイヤ「アレンザLX100」を試す 2021.4.21 エディターから一言 ブリヂストンが2021年2月1日に発売した「アレンザLX100」は、静粛性の向上や乗り心地の良さを追求したというSUV用のコンフォートタイヤ。オンロード向けに特化して開発されたその背景や試走の第一印象を、河村康彦がリポートする。
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る