「日産キックス」新登場で国内のコンパクトSUV市場はどう変わる?

2020.07.03 デイリーコラム

小さなクルマしか買えません

2020年6月30日にコンパクトSUVの「日産キックス」が発売され、注目を集めている。最近はコンパクトな車種の投入が活発で、2019年11月に出た「ダイハツ・ロッキー」&「トヨタ・ライズ」、2020年2月の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」は売れ行きも好調だ。小型・普通車の販売ランキングでも上位に入る。

日本の道路や駐車場は狭いので、もともとコンパクトな車種は売れ筋だった。が、近年はこの傾向が一層強まっている。その理由は複数あるが、一番はクルマの価格の上昇だ。安全装備や環境性能が進化するのは良いことだが、それにともない価格が高まるのは避けられない。今は消費税も10%になり、割高感が一段と強まった。

例えば1999年に発売された2代目「日産セレナ」では、「ハイウェイスター」の本体価格が227万9000円だった。当時の消費税(5%)を加えると239万2950円だ。対する現行型セレナ ハイウェイスターは、10%の消費税を含んで275万8800円になる。20年ほどの間に消費税の増税もあって36万5850円値上げされており、比率に換算すると現行型は15%以上高い。車種によっては30%前後の値上げになる。

現行型セレナには、2代目が採用していなかった衝突被害軽減ブレーキ、横滑り防止装置、S(スマートシンプル)ハイブリッド機能、インテリジェントキーなどが標準装着され、走行安定性や乗り心地などの基本性能も向上した。これらの進化を考えれば、現行型は2代目に比べて断然買い得だが、価格が40万円近く高まると、多くの人の購入予算を超えてしまう。

その一方で人々の平均所得は、2代目セレナが登場した1990年代の中盤から後半をピークに減っている。直近ではやや持ち直したが、今でも20年前の所得水準には戻っていない。

モーター駆動のe-POWER専用モデルとして発売された「日産キックス」。海外では、1.5リッターのガソリンエンジン車も販売されている。
モーター駆動のe-POWER専用モデルとして発売された「日産キックス」。海外では、1.5リッターのガソリンエンジン車も販売されている。拡大
上質感をセリングポイントとする「キックス」のインテリア。写真のツートンカラーのほか、ブラック系のモノトーンも選べる。
上質感をセリングポイントとする「キックス」のインテリア。写真のツートンカラーのほか、ブラック系のモノトーンも選べる。拡大
「ダイハツ・ロッキー」のOEMモデルとしてラインナップされる、トヨタのコンパクトSUV「ライズ」。2019年11月の発売以来セールスは好調で、日本自動車販売協会連合会(自販連)の記録では、2020年1月、2月は全登録車の中で1位、同年5月は2位となっている。
「ダイハツ・ロッキー」のOEMモデルとしてラインナップされる、トヨタのコンパクトSUV「ライズ」。2019年11月の発売以来セールスは好調で、日本自動車販売協会連合会(自販連)の記録では、2020年1月、2月は全登録車の中で1位、同年5月は2位となっている。拡大
日産 キックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産キックス」新登場で国内のコンパクトSUV市場はどう変わる? 2020.7.3 デイリーコラム コンパクトSUVのニューモデル「日産キックス」が国内でデビュー。それで、過密状態の市場はどう変わる? ライバルと目される人気車種との比較を含め、戦線への影響について識者が語る。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活 2020.7.17 自動車ニュース カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場。カワサキはもちろん、二輪市場全体を見ても久々となる250ccクラスの4気筒モデルで、最高出力45PS/1万5500rpm、最大トルク21N・m/1万3000rpmを発生。クラス随一の充実した装備も特徴となっている。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • 日産アリア 2020.7.15 画像・写真 先進のデザインとすぐれた動力性能、最長610kmの航続距離などをセリングポイントとする日産の新型EV「アリア」。2021年の発売に先駆けて公開されたその姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る