不撓のインディペンデントチーム F1の名門「ウィリアムズ」へ贈るエール

2020.07.06 デイリーコラム

チーム売却の危機?

「F1のウィリアムズに身売りの危機」との報に、「まさか」と驚くファンも「やっぱり」と訳知り顔でうなずく向きも両方いたはずである。

2020年5月末、F1チームなどで構成されるウィリアムズ・グランプリ・ホールディングズ(WGPH)は、2019年度の決算で1300万ポンド(約17億2100万円)の損失を計上したと発表。今後のために新たな投資を求め、一部もしくはすべての株式の売却を検討していることを明らかにした。また時を同じくして、2023年までウィリアムズとスポンサー契約を結んでいたROKiTとROKドリンクの即時契約解除というニュースも流れ、この名門チームの前途に対する不安が高まった。

おカネの話をするのは野暮(やぼ)といわれるF1の世界で、具体的な経営上の損益がつまびらかになった理由は、ウィリアムズを含むWGPHが独フランクフルト証券取引所に上場しているから。決算をオープンにしなければならないという、F1チームにしてはユニークな状況に置かれているからである。

損失の原因が、F1チームの成績不振であることは言うまでもない。何しろ2018年、2019年と2年連続で10チーム中最下位。昨季は大雨のドイツGPでロバート・クビサが幸運にも拾った1点が唯一の得点というダントツのビリだった。

114勝という通算勝利数は、最古参フェラーリの238勝、マクラーレンの182勝に次ぐ歴代3位。コンストラクターズタイトル9回、ドライバーズタイトル7回獲得と、非の打ち所がないほどの強豪だったウィリアムズから、往年の輝きが失われて久しい。日本では「車いすの闘将」との呼び名で有名なフランク・ウィリアムズのチームも、いよいよ運が尽きたということなのか。

土俵際まで追い込まれたかにみえるウィリアムズ。だがこのチームが、何度も苦境に立たされては不死鳥のごとくよみがえってきた、不撓(ふとう)の軍団であることを忘れてはならない。モータースポーツに並々ならぬ情熱を傾けてきたフランク・ウィリアムズとその同志たちによる、半世紀にわたる山あり谷ありのF1人生をここに振り返りつつ、いま、この名門に何が起きているのかを考えてみたい。

ウィリアムズの2020年型マシン「FW43」。コロナ禍による開幕遅延中にタイトルスポンサーのROKiTが降板したことで、当初予定していたものとは異なるカラーリングで再登場した。(写真:Williams Racing)
ウィリアムズの2020年型マシン「FW43」。コロナ禍による開幕遅延中にタイトルスポンサーのROKiTが降板したことで、当初予定していたものとは異なるカラーリングで再登場した。(写真:Williams Racing)拡大
コンストラクターズチャンピオンになること9回、通算勝利数は歴代3位という名門ウィリアムズは、近年低迷中。2018年、2019年と、2年連続でコンストラクターズランキングは10位、つまりは最下位に甘んじている。2019年は新鋭ジョージ・ラッセル(写真前)とロバート・クビサ(同後ろ)のコンビで戦うも、獲得できたポイントは、大雨で大荒れになったドイツGPで拾った1点だけだった。(写真:Williams Racing)
コンストラクターズチャンピオンになること9回、通算勝利数は歴代3位という名門ウィリアムズは、近年低迷中。2018年、2019年と、2年連続でコンストラクターズランキングは10位、つまりは最下位に甘んじている。2019年は新鋭ジョージ・ラッセル(写真前)とロバート・クビサ(同後ろ)のコンビで戦うも、獲得できたポイントは、大雨で大荒れになったドイツGPで拾った1点だけだった。(写真:Williams Racing)拡大
クレイ・レガツォーニがドライブする「FW07」。レガツォーニは1979年のイギリスGPでウィリアムズに初優勝をもたらす。通算114勝を数えるウィリアムズの栄光は、ここから始まった。(写真:Newspress)
クレイ・レガツォーニがドライブする「FW07」。レガツォーニは1979年のイギリスGPでウィリアムズに初優勝をもたらす。通算114勝を数えるウィリアムズの栄光は、ここから始まった。(写真:Newspress)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事