「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載

2020.07.07 自動車ニュース
国内では2020年初冬に発売予定の「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル。
国内では2020年初冬に発売予定の「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル。拡大

トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。国内では2020年初冬の発売を予定している。

 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大
 
「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載の画像拡大

新たな運転支援技術Lexus Teammateを搭載

レクサスLSのマイナーチェンジモデルでは、レクサス独自の乗り味である“Lexus Driving Signature(レクサスドライビングシグネチャー)”の深化を目指し、静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求。パワートレインやサスペンション、さらにはシートのステッチ位置などの細部に至るまで手を加えているのが特徴だ。さらに、最新の高度運転支援技術「Lexus Teammate(レクサスチームメイト)」を採用。乗員に安心感を与える運転支援を実現する上で必要不可欠な車両の高い基本性能を徹底的に磨き上げるとともに、ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れ、運転中に遭遇しうるさまざまな状況を予測する。

乗り心地の向上にあたっては、AVSソレノイドを新規開発して減衰力を低減するとともに、ランフラットタイヤの縦バネ剛性とスタビライザーバーの剛性を最適化。エンジンマウント内のオリフィスを変更することで減衰特性を調整し、室内に伝わる振動低減に加えて、ANC(アクティブノイズコントロール)とESE(エンジンサウンドエンハンスメント)のチューニング変更による静粛性向上も図っている。また、シート表皮のステッチをより深い位置に変更するとともに、ウレタンパッドには新たに低反発素材を採用した。

ハイブリッド車の「LS500h」では、使用頻度の高い走行領域における加速時のバッテリーアシスト量を増加したほか、発進加速時のエンジン最高回転数を低下。より余裕のある加速と静粛性向上を目指した。

ガソリン車の「LS500」では、使用頻度の高い走行領域におけるエンジントルクの立ち上がりを最適化し、車両の加速レスポンスを向上。シフトスケジュールを見直し、各ギアでの加速可能な領域を拡大することでシフトダウン頻度の低減も図っている。

新たな運転支援技術Lexus Teammateについては、自動運転に対するトヨタ独自の考え方である「モビリティーチームメイトコンセプト」に基づいて開発。Perceptive(高い認識性能)、Intelligent(知能化)、Interactive(ドライバーとクルマの対話)、Reliable(信頼性)、Upgradable(ソフトウエアアップデート)という5つの技術的特徴を備えている。

その目玉となるのは自動車専用道路での周辺認識と自車位置推定、走行車線・位置選択、速度調整をしながら出口まで運転を支援する「アドバンストドライブ」だ。カーブや追い越しなどのさまざまなシーンで“凄腕(すごうで)ドライバー(トヨタの凄腕技能養成部所属の開発ドライバー)”から学んだ、人に寄り添った走りを実現するという。

このほか、カメラと超音波センサーからのデータをもとにアクセルとブレーキ、ギアチェンジのすべてを自動制御する駐車支援システム「アドバンストパーク」や「レクサスRX」で初採用したブレードスキャンアダプティブハイビームシステム(AHS)、大型化したデジタルインナーミラーなども採用している。

エクステリアには新たなシルバーの外板色「銀影(ぎんえい)ラスター」をラインナップ。こだわりのボディーカラーとして長年シルバーにこだわってきたレクサス。銀影ラスターにはアルミフレークを含んだ塗料の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用し、アルミ蒸着を高密度で敷き詰める最新の塗装技術を採り入れている。

このほかエクステリアでは、フロントバンパーコーナー部に縦のキャラクターラインを配置したほか、フロントバンパーコーナー部のメッキモールをサイドまで回り込む造形に変更。新デザインの小型3眼ランプユニットとL字型クリアランスランプの下にブレードスキャンAHSを搭載し、サブラジエーターグリルはスクエア形状に改めた。また、スピンドルグリルのメッシュカラーをダークメタリックに、リアコンビランプ内のメッキモールをピアノブラックに変更している。

“Fスポーツ”ではサブラジエーターグリルのガーニッシュをサイドまで回り込む形状に変更。専用色のスピンドルグリルや20インチホイールなども採用した。

インテリアでは、西陣織の銀糸やプラチナ箔(はく)の輝きで月明かりに照らされた波の揺らぎによる「月の道」を表現した「西陣&箔」のオーナメントを新規設定。マルチメディアシステムには新たにタッチディスプレイを採用するとともに、「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応した。また、ハンドルとセンターコンソールのスイッチ類を黒で統一したほか、シートヒーターとステアリングヒーターの操作画面を表示するスイッチをセンターコンソールに追加した。

(webCG)

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.9 試乗記 国内販売がスタートして以来、ディーゼル車だけがラインナップされていた「フォルクスワーゲンTロック」。遅れてやってきたガソリンエンジン搭載車の走りやいかに? 装備が充実した上級グレードでチェックした。
ホームへ戻る