日本デビューは2020年10月ごろ ルノーが新型「ルーテシア」の導入時期を発表

2020.07.09 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2020年7月9日、新型「ルーテシア」を同年10月ごろに日本に導入すると発表した。

ルーテシアは、欧州Bセグメント市場でナンバーワンの販売台数を誇るルノーのコンパクトモデルである。

今回、日本に導入されるのは5代目のモデルにあたり、2019年の東京モーターショーで実車を初公開。当時は「2020年前半に国内導入」とアナウンスされていたが、そのスケジュールは10月にずれ込むこととなった。

ルノー・ジャポンでは同年8月末に、オフィシャルウェブサイト内に新型ルーテシアの特設ページを開設。正式発表までの間、随時、モデル概要や販売に関する情報などを更新していくとしている。

(webCG)

新型ルノー・ルーテシア
新型ルノー・ルーテシア拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー・メガーヌR.S./メガーヌR.S.トロフィー」のマイナーチェンジモデルが上陸 2021.1.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月28日、 ハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の改良型を導入すると発表した。両モデルとも同年3月4日に発売される。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る