日本デビューは2020年10月ごろ ルノーが新型「ルーテシア」の導入時期を発表

2020.07.09 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2020年7月9日、新型「ルーテシア」を同年10月ごろに日本に導入すると発表した。

ルーテシアは、欧州Bセグメント市場でナンバーワンの販売台数を誇るルノーのコンパクトモデルである。

今回、日本に導入されるのは5代目のモデルにあたり、2019年の東京モーターショーで実車を初公開。当時は「2020年前半に国内導入」とアナウンスされていたが、そのスケジュールは10月にずれ込むこととなった。

ルノー・ジャポンでは同年8月末に、オフィシャルウェブサイト内に新型ルーテシアの特設ページを開設。正式発表までの間、随時、モデル概要や販売に関する情報などを更新していくとしている。

(webCG)

新型ルノー・ルーテシア
新型ルノー・ルーテシア拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る