ビッグネームでも容赦なし! クルマとバイクで使い回されてきた車名

2020.07.15 デイリーコラム

つづりは違うが

日産から久々にリリースされたニューモデルである「キックス」。その名を聞いて、即座に思い浮かべたのは同名のコンセプトカーである。1995年の東京モーターショーに出展された、「ラシーン」をスリーボックス化したような風変わりなダブルピックアップ風モデルである。それだけではなく、かつて存在した「三菱パジェロミニ」のOEMモデルも「キックス」を名乗っていた。だが、響きは同じでもコンセプトカーは“XIX”、パジェロミニは“KIX”、新型車は“KICKS”でつづりが違う。てなことを調べているうちに、さらにもう1台、“KYXX”とつづるコンセプトカーもあったそうで……。

新型車のネーミングには、苦労がつきものらしい。気が利いた名前を思い付いたものの、すでに使われていたり、使われていなくとも他社に商標登録されていたり。マツダのように、欧州メーカーに多いアルファベットと数字の組み合わせにしてしまえば、その種の悩みからは解放されるだろうが、現時点ではマツダを除く国産メーカーは、ほとんどの車種に固有の車名(ペットネーム)を付けている。

昔の名前で出てきました

となればキックスのように、すでに自社が保有しているが、現在は使われていない車名を復活させ、リユース(再使用)することもひとつの手である。車名の復活といっても、「トヨタ・スープラ」のように、空白期間はあってもかつての系統を受け継ぐのではなく、別車種といっていいモデルが同じ車名を冠する例としては、最近ではダイハツが「ロッキー(Rocky)」と「タフト(Taft)」を立て続けに復活させている。

日本でこの手法を最初に使ったのはマツダだろうか。1962年から1970年まで存在した「キャロル(Carol)」の名を、約20年を経て1989年に冠したのである(復活版のブランドは、当初はマツダではなくオートザム)。初代も、復活した2代目以降も軽乗用車ではあったが、2代目以降の中身はスズキ製(4代目以降は完全なOEM)だったから、別モデルと考えていいだろう。

そのほか国産メーカーでは三菱が「コルト(Colt)」や「ミラージュ(Mirage)」を、日産がトラックではあるが「クリッパー(Clipper)」を復活させている。だが、この手法の使い手といえば、なんといってもホンダである。

1995年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「日産XIX(キックス)」。全長×全幅×全高=4650×1695×1500mmという平べったいボディーに2リッター直4エンジンを積み、4輪を駆動。うたい文句は「新感覚セダン」だった。
1995年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「日産XIX(キックス)」。全長×全幅×全高=4650×1695×1500mmという平べったいボディーに2リッター直4エンジンを積み、4輪を駆動。うたい文句は「新感覚セダン」だった。拡大
2008年「日産キックス(KIX)」。「三菱パジェロミニ」のOEMモデルとなる軽クロスカントリー4WD。
2008年「日産キックス(KIX)」。「三菱パジェロミニ」のOEMモデルとなる軽クロスカントリー4WD。拡大
「ダイハツ・タフト」。1974年にデビューした本格的なオフロード4WD。エンジンは当初1リッター直4で、1978年に1.6リッター/2.5リッターディーゼルに変更。写真は1980年代のモデル。
「ダイハツ・タフト」。1974年にデビューした本格的なオフロード4WD。エンジンは当初1リッター直4で、1978年に1.6リッター/2.5リッターディーゼルに変更。写真は1980年代のモデル。拡大
1962年「マツダ・キャロル」。総アルミ製の水冷4ストローク358cc直4 OHVエンジンをリアに積んだ高級軽乗用車。
1962年「マツダ・キャロル」。総アルミ製の水冷4ストローク358cc直4 OHVエンジンをリアに積んだ高級軽乗用車。拡大
1989年「オートザム・キャロル」。「スズキ・アルト」のランニングシャシーに、マツダオリジナルのボディーを架装するという方法でつくられた。
1989年「オートザム・キャロル」。「スズキ・アルト」のランニングシャシーに、マツダオリジナルのボディーを架装するという方法でつくられた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事