アウディが「TTロードスター ファイナルエディション」を50台の台数限定で発売

2020.07.14 自動車ニュース
アウディTTロードスター ファイナルエディション
アウディTTロードスター ファイナルエディション拡大

アウディ ジャパンは2020年7月14日、同年で生産を終了する「TTロードスター」に台数50台の限定モデル「ファイナルエディション」を設定すると発表した。販売は同年9月15日に開始される。

「ナノグレーメタリック」と呼ばれる専用ボディーカラーを採用。「TTロードスター」のコンセプトカーに採用されていた「ドロミテグレー」をイメージしたものだという。
「ナノグレーメタリック」と呼ばれる専用ボディーカラーを採用。「TTロードスター」のコンセプトカーに採用されていた「ドロミテグレー」をイメージしたものだという。拡大
マトリクスLEDヘッドライトを装備。アウディサイドアシストやリアビューカメラといった運転支援システムも充実している。
マトリクスLEDヘッドライトを装備。アウディサイドアシストやリアビューカメラといった運転支援システムも充実している。拡大
初代「TT」のホイールデザインを意識したという専用5スポーク19インチアルミホイールを装備。
初代「TT」のホイールデザインを意識したという専用5スポーク19インチアルミホイールを装備。拡大
モカシンブラウンのファインナッパレザーが採用されたインテリア。2019年に発売された販売台数20台の限定モデル「TT 20 years」と共通の仕様となる。
モカシンブラウンのファインナッパレザーが採用されたインテリア。2019年に発売された販売台数20台の限定モデル「TT 20 years」と共通の仕様となる。拡大

「アウディTT」は1998年にデビュー。電動ソフトトップを備えたオープンモデルのTTロードスターは、初代モデルの追加バリエーションとして2000年に設定され、現行モデルは3代目にあたる。

今回のTTロードスター ファイナルエディションは、最高出力230PS/最大トルク370N・mの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「45 TFSIクワトロ」がベースとなり、2019年に発売された販売台数20台の限定モデル「TT 20 years」と共通のアイテムをはじめ、初代TTを想起させる特別装備を採用したという。

外装では、TTロードスターのコンセプトカーに採用されていた「ドロミテグレー」をイメージした専用ボディーカラー「ナノグレーメタリック」と、初代TTのホイールデザインをモチーフとした専用5スポーク19インチアルミホイールがファイナルエディションの特徴となる。

内装では、電動調整機能ボルスター付きSスポーツシートやステアリングホイール、シフトノブ&ブーツ、ドアアームレスト、センターコンソールなどに専用のイエローコントラストステッチを施したモカシンブラウンのファインナッパレザーを採用。ドリフトアンスラサイトのデコラティブパネルのほか、シートサイドとセンターコンソールにはアンスラサイトファインペイントフィニッシュが用いられる。

そのほかアウディサイドアシストやリアビューカメラといった運転支援システムを含むコンフォートパッケージやマトリクスLEDヘッドライト、エアスカーフ、初代TTのインテリアパーツを手がけたBang & Olufsenのサウンドシステムなどが採用されている。

価格は729万円。右ハンドル、6段ATのみの設定となる。

(webCG)

関連キーワード:
TTロードスター, アウディ, 自動車ニュース

アウディ TTロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る