「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデル

2020.08.07 自動車ニュース
メルセデスAMG GTナイトエディション
メルセデスAMG GTナイトエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年8月5日、「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「Night Edition(ナイトエディション)」を設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車開始は2021年第1四半期を予定している。

 
「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデルの画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデルの画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデルの画像拡大

今回の特別仕様車は、「GT」「GTロードスター」をベースに、内外装をブラックを基調とした色で統一するとともに、特別デザインのカーボンファイバールーフ(クーペのみ)やマットブラックペイントのアルミホイールなどを採用したモデルである。

ボディーカラーはクーペが「オブシディアンブラック」と「グラファイトグレーマグノ」(有償オプション)で、ロードスターが「グラファイトグレーマグノ」のみ。内装色はブラック、インテリアトリムはピアノラッカーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチ入りのナッパレザーシートを含むフルレザーパッケージが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用デザインカーボンファイバールーフ(クーペのみ)
  • 専用マットブラックペイント19/20インチAMG Yスポークアルミホイール
  • AMGエクステリアナイトパッケージ
  • 専用ブラックブレーキキャリパー
  • 専用ヘッドライトデザイン(ブラックアクセント入り)
  • ブラッククロームフロントグリル
  • 専用AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA)
  • 専用“NIGHT EDITION”バッジ
  • インテリアナイトパッケージ
  • AMGパフォーマンスシート

販売台数は、オブシディアンブラックのクーペが15台(右ハンドル:10台/左ハンドル:5台)、グラファイトグレーマグノのクーペが20台(右ハンドル:15台/左ハンドル:5台)、ロードスターが5台(右ハンドル:3台/左ハンドル:2台)の計40台となっている。

価格はクーペが1999万円、ロードスターが2153万円。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る