「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデル

2020.08.07 自動車ニュース
メルセデスAMG GTナイトエディション
メルセデスAMG GTナイトエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年8月5日、「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「Night Edition(ナイトエディション)」を設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車開始は2021年第1四半期を予定している。

 
「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデルの画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデルの画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「ナイトエディション」登場 40台の限定モデルの画像拡大

今回の特別仕様車は、「GT」「GTロードスター」をベースに、内外装をブラックを基調とした色で統一するとともに、特別デザインのカーボンファイバールーフ(クーペのみ)やマットブラックペイントのアルミホイールなどを採用したモデルである。

ボディーカラーはクーペが「オブシディアンブラック」と「グラファイトグレーマグノ」(有償オプション)で、ロードスターが「グラファイトグレーマグノ」のみ。内装色はブラック、インテリアトリムはピアノラッカーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチ入りのナッパレザーシートを含むフルレザーパッケージが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用デザインカーボンファイバールーフ(クーペのみ)
  • 専用マットブラックペイント19/20インチAMG Yスポークアルミホイール
  • AMGエクステリアナイトパッケージ
  • 専用ブラックブレーキキャリパー
  • 専用ヘッドライトデザイン(ブラックアクセント入り)
  • ブラッククロームフロントグリル
  • 専用AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA)
  • 専用“NIGHT EDITION”バッジ
  • インテリアナイトパッケージ
  • AMGパフォーマンスシート

販売台数は、オブシディアンブラックのクーペが15台(右ハンドル:10台/左ハンドル:5台)、グラファイトグレーマグノのクーペが20台(右ハンドル:15台/左ハンドル:5台)、ロードスターが5台(右ハンドル:3台/左ハンドル:2台)の計40台となっている。

価格はクーペが1999万円、ロードスターが2153万円。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る