“MX”なのにSUV!? マツダの新型車「MX-30」に秘められた謎

2020.08.12 デイリーコラム

マイルドハイブリッド投入で販売規模を拡大

マツダは、「MX-30」を2020年秋にも国内導入することを正式発表した。しかも、すでに存在が明らかだったピュアなバッテリー式電気自動車(BEV)仕様に加えて、2リッターガソリンにアシストモーターを追加したマイルドハイブリッド仕様も用意……という、ちょっとしたサプライズまで追加された。

MX-30は2019年秋の東京モーターショーにおいて「マツダ初の量産BEV」として初公開されたクルマである。クルマの電動化に向けた施策は日本でもそれなりにとられているが、欧州のそれほどはヒステリックでないのはご承知のとおり。というわけで、あえてこの時期に市販化されるBEVといえば、2021年から罰則付きで厳格化される欧州のCO2排出規制(=企業別平均燃費規制)をにらんだ戦略商品であるケースが大半である。

実際、東京モーターショー会場に置かれたMX-30も、母国での世界初公開にもかかわらず、わざわざ「欧州仕様車」とうたった左ハンドル仕様がもちこまれていた。それは日本でのティーザーキャンペーンがスタートしたばかりの「ホンダe」も同様で、ホンダeも発売は欧州が先行しており、計画台数も欧州市場向けのほうがずっと多い。航続距離をあえて短めの200km程度に割り切っている点もMX-30とホンダeはよく似ており、どちらも欧州では街乗り中心のセカンドカー需要に照準を合わせている。

……といった背景を考えれば、MX-30も「欧州市場のオコボレを少量販売するだけか?」と思いきや、MX-30にはマイルドハイブリッド仕様も存在することが今回判明したわけだ。こうなると、MX-30は欧州でもこれまで予測されていた以上の台数を、そして日本でもけっこう本格的な規模でのビジネスをもくろんでいると思われる。

MX-30の技術的詳細は分からない部分も多いが、すでに明らかになっている情報を総合すると、プラットフォームは「マツダ3」や「CX-30」に使われる最新世代のそれ。内外装は専用デザインだが、ホイールベースや全長、全幅といった主要サイズはCX-30とほぼ同じである(全高だけわずかにMX-30のほうが高い)。そして、前記の電動パワートレイン以外の最大の技術ハイライトといえば、かつての「RX-8」からの復活となる観音開きサイドドア(マツダでの商品名は「フリースタイルドア」)だろう。

今回の車名には冒頭に「MX」というアルファベットが付くが、これに対しての印象はその人の年齢やクルマ好き度合いによってずいぶんと変わる。現時点でのマツダの公式見解は「その時代ごとの自動車の常識にとらわれることなく、新しい価値の創造と提供に挑戦する車種を“MX”の名称で表してきました。MX-30は、こうした従来のMXシリーズと同様に、お客さまに新たな価値を提供できる商品として開発してきました」とのことだが、「いやいや、MXといえばスポーツカーのことでしょ?」とか「MXなんて初めて聞いた」といった声も少なくないはずだ。

「オートモビル カウンシル2020」の会場で国内仕様がお披露目された「マツダMX-30」。ピュアEVだけでなくマイルドハイブリッド車が存在することも明らかになった。
「オートモビル カウンシル2020」の会場で国内仕様がお披露目された「マツダMX-30」。ピュアEVだけでなくマイルドハイブリッド車が存在することも明らかになった。拡大
観音開き式のドアは「フリースタイルドア」と呼ばれる。
観音開き式のドアは「フリースタイルドア」と呼ばれる。拡大
「RX-8」の「フリースタイルドア」。
「RX-8」の「フリースタイルドア」。拡大
マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る