新型スーパーカー「T.50」で再び表舞台に 鬼才ゴードン・マレーの歩みを知る

2020.08.19 デイリーコラム

現時点での集大成

ゴードン・マレーが発表したハイパースポーツカーの「T.50」には、これまで彼が送り出してきたF1マシンや、「マクラーレンF1」などロードカーで培ってきた技術がすべて盛り込まれている。いわば現時点での集大成ということができるだろう。マレーの作品から浮かび上がってくる設計哲学の重要要素は、軽量設計と空力の最適化に注力し、無駄を省いて高効率を追い求めることだ。

T.50では、マレーが知見を積み重ねてきたカーボンコンポジット構造シャシーを採用し、48Vマイルドハイブリッド機構を備えたコスワース製自然吸気3.9リッターV12自然吸気エンジンを搭載しながら、車重を1000kg以下にとどめている。さらに空力面では、高速走行性能にふさわしいダウンフォースを得るために、リアにエアファンを備えた。市販車としては他に例を見ないこのファンこそ、まさに彼が1978年にブラバムF1マシンで用いたことがある、究極の空力デバイスである。

T.50の全容はすでにwebCGでも紹介されているので、ここではそれを補足する意味でマレーの足跡を追いかけ、T.50の設計思想を浮かび上がらせてみたい。

自身の主要な作品に囲まれるゴードン・マレー。2020年、F1レースの70周年に当たって最も貢献したテクニカルイノベーターとして選ばれた(ドライバーにはミハエル・シューマッハーを選出)。後ろ姿を見せる赤いF1マシンが1978年「ブラバム・アルファ・ロメオBT46B“ファンカー”」。リアに大きなファンが見える。
自身の主要な作品に囲まれるゴードン・マレー。2020年、F1レースの70周年に当たって最も貢献したテクニカルイノベーターとして選ばれた(ドライバーにはミハエル・シューマッハーを選出)。後ろ姿を見せる赤いF1マシンが1978年「ブラバム・アルファ・ロメオBT46B“ファンカー”」。リアに大きなファンが見える。拡大
マレーは巧みな筆致でスケッチを描きながらクルマを設計していく。13歳の時にアートスクールに通い、現在でも絵を習っているという。スタイリングを重視し、醜いクルマをつくることはしたくないと考え、設計者だけでなくデザイナーでもありたいと語っている。公開された「T.50」の側面からの構造画は図面というよりアートだ。
マレーは巧みな筆致でスケッチを描きながらクルマを設計していく。13歳の時にアートスクールに通い、現在でも絵を習っているという。スタイリングを重視し、醜いクルマをつくることはしたくないと考え、設計者だけでなくデザイナーでもありたいと語っている。公開された「T.50」の側面からの構造画は図面というよりアートだ。拡大
自身にとっての最新作である「T.50」とゴードン・マレー。T.50は全長4380mm、全幅1850mmと「ポルシェ911」よりも小さく、大仰な空力付加物がそびえ立っていないクリーンなスタイリングが特徴。
自身にとっての最新作である「T.50」とゴードン・マレー。T.50は全長4380mm、全幅1850mmと「ポルシェ911」よりも小さく、大仰な空力付加物がそびえ立っていないクリーンなスタイリングが特徴。拡大
「T.50」のリアには空力付加物の要としてエアファンが備わる。
「T.50」のリアには空力付加物の要としてエアファンが備わる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事