驚くべき介助のうまさ! スバルの最新「アイサイト」に注目せよ

2020.08.21 デイリーコラム

過去20年の実績を生かして

「レガシィB4」がついに日本国内販売終了となり、「アウトバック」も国内向けフルモデルチェンジは後回し、「インプレッサ」系はもうずいぶん前から本格的なスポーツモデルが用意されなくなったし、「WRX」もここしばらくは戦線縮小っぽい。……といった今日このごろ、濃厚な日本のスバリストにとって、最後の心のよりどころは「レヴォーグ」だろう。

そんなレヴォーグの新型がついに姿をあらわして、予約受注を開始した。今度のレヴォーグもおそらく日欧での事実上のフラッグシップとなるだけに、さすがはスバル最新技術ショーケース……の様相を呈している。

改良型スバルグローバルプラットフォームに新開発の1.8リッターターボ、スバル初の連続可変ダンパーなど、そこには走行性能にまつわる新機軸も満載である。しかし、純粋技術的にもっとも注目すべきは、ついに根底からの大転換をはたした「アイサイト」だろう。

アイサイトは1999年に市場投入された「ADA(アクティブドライビングアシスト)」からの流れをくむ技術で、自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロール(ACC)などの先進安全運転支援技術では、世界的にも“はしり”といえる存在だった。しかも、最初期のADAから最新の「アイサイトver.3」まで、その基本構成が同じだったことにも驚く。前方検知機能をステレオカメラだけ(リア側には左右レーダーとソナーが備わっていたが)でおこなう基本原則は、約20年間ずっと変わらなかった。

日本自動車研究所(JARI)のテストコースを行く、新型「スバル・レヴォーグ」。国内では2020年10月15日の正式発表が予定されている。
日本自動車研究所(JARI)のテストコースを行く、新型「スバル・レヴォーグ」。国内では2020年10月15日の正式発表が予定されている。拡大
新型「レヴォーグ」は全車、運転支援システム「アイサイト」を搭載する。そのうえで、ハンズオフ機能や急病時のサポートシステムなど、さらなる拡張機能を追加した「アイサイトX」も選べるようになっている。写真は室内フロントの上部に備わるアイサイトのステレオカメラ。
新型「レヴォーグ」は全車、運転支援システム「アイサイト」を搭載する。そのうえで、ハンズオフ機能や急病時のサポートシステムなど、さらなる拡張機能を追加した「アイサイトX」も選べるようになっている。写真は室内フロントの上部に備わるアイサイトのステレオカメラ。拡大
小型化が要求される「アイサイト」のステレオカメラ。そのイメージセンサーも画素数を上げつつコンパクトになってきた。写真は、中央の丸い銀色のものがサイズ比較用の1円硬貨で、その右隣が最新「アイサイト」のイメージセンサーである。
小型化が要求される「アイサイト」のステレオカメラ。そのイメージセンサーも画素数を上げつつコンパクトになってきた。写真は、中央の丸い銀色のものがサイズ比較用の1円硬貨で、その右隣が最新「アイサイト」のイメージセンサーである。拡大
スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
ホームへ戻る