クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

驚くべき介助のうまさ! スバルの最新「アイサイト」に注目せよ

2020.08.21 デイリーコラム

過去20年の実績を生かして

「レガシィB4」がついに日本国内販売終了となり、「アウトバック」も国内向けフルモデルチェンジは後回し、「インプレッサ」系はもうずいぶん前から本格的なスポーツモデルが用意されなくなったし、「WRX」もここしばらくは戦線縮小っぽい。……といった今日このごろ、濃厚な日本のスバリストにとって、最後の心のよりどころは「レヴォーグ」だろう。

そんなレヴォーグの新型がついに姿をあらわして、予約受注を開始した。今度のレヴォーグもおそらく日欧での事実上のフラッグシップとなるだけに、さすがはスバル最新技術ショーケース……の様相を呈している。

改良型スバルグローバルプラットフォームに新開発の1.8リッターターボ、スバル初の連続可変ダンパーなど、そこには走行性能にまつわる新機軸も満載である。しかし、純粋技術的にもっとも注目すべきは、ついに根底からの大転換をはたした「アイサイト」だろう。

アイサイトは1999年に市場投入された「ADA(アクティブドライビングアシスト)」からの流れをくむ技術で、自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロール(ACC)などの先進安全運転支援技術では、世界的にも“はしり”といえる存在だった。しかも、最初期のADAから最新の「アイサイトver.3」まで、その基本構成が同じだったことにも驚く。前方検知機能をステレオカメラだけ(リア側には左右レーダーとソナーが備わっていたが)でおこなう基本原則は、約20年間ずっと変わらなかった。

日本自動車研究所(JARI)のテストコースを行く、新型「スバル・レヴォーグ」。国内では2020年10月15日の正式発表が予定されている。
日本自動車研究所(JARI)のテストコースを行く、新型「スバル・レヴォーグ」。国内では2020年10月15日の正式発表が予定されている。拡大
新型「レヴォーグ」は全車、運転支援システム「アイサイト」を搭載する。そのうえで、ハンズオフ機能や急病時のサポートシステムなど、さらなる拡張機能を追加した「アイサイトX」も選べるようになっている。写真は室内フロントの上部に備わるアイサイトのステレオカメラ。
新型「レヴォーグ」は全車、運転支援システム「アイサイト」を搭載する。そのうえで、ハンズオフ機能や急病時のサポートシステムなど、さらなる拡張機能を追加した「アイサイトX」も選べるようになっている。写真は室内フロントの上部に備わるアイサイトのステレオカメラ。拡大
小型化が要求される「アイサイト」のステレオカメラ。そのイメージセンサーも画素数を上げつつコンパクトになってきた。写真は、中央の丸い銀色のものがサイズ比較用の1円硬貨で、その右隣が最新「アイサイト」のイメージセンサーである。
小型化が要求される「アイサイト」のステレオカメラ。そのイメージセンサーも画素数を上げつつコンパクトになってきた。写真は、中央の丸い銀色のものがサイズ比較用の1円硬貨で、その右隣が最新「アイサイト」のイメージセンサーである。拡大

「これでもか」の機能追加

新型レヴォーグで市場投入される新型アイサイトはそこが根本的に変わった。もっとも、アイサイトの代名詞たるステレオカメラは健在で、それが飛躍的に小型化されてフロントウィンドウ裏に密封(?)されるようになったのも新しい。しかし、最大の変革は前方検知機能に、ついにレーダーが併用されるようになったことである。その新型アイサイトではフロントバンパー左右それぞれの側方にレーダーが組み込まれており、ステレオカメラも広角化されているので検知範囲が大幅に拡大した。さらに新型電動ブレーキブースターと強化されたステアリング制御も相まって、交差点での横断歩行者、対向車、自転車などへの対応力が明らかに向上した。

今度のレヴォーグではそんな新型アイサイトが全車標準装備になったうえで、さらなる上級版の「アイサイトX」も登場した。アイサイトXの大きな特徴は、レーダーとステレオカメラによる新型アイサイトに、さらに高精度3D地図ユニットとドライバー監視カメラが追加されることだ。

アイサイトXではこれによって、ウインカー操作だけで半自動車線変更する「アクティブレーンチェンジアシスト」、渋滞時のストップ&ゴーがほぼ自動となる「渋滞時発進アシスト」、急病などによる運転不能状態を検知すると自動停止する「ドライバー異常時対応システム」、カーブや料金所でのオーバースピードを抑制する「カーブ前・料金所前速度制御」といった機能が追加される。そして「渋滞時ハンズオフアシスト」という名称から分かるように、国内ではBMWと日産(の「プロパイロット2.0」)に続くハンズオフ運転も実現した。

受注開始に合わせて開かれた新型レヴォーグのプロトタイプ試乗会では、そのアイサイトXもプチ体験できた。アイサイトXの個々の機能はすでに他メーカーで実用化されているものが多いが、平常時(=車線維持や追従走行など)のブレーキやステアリングの制御の滑らかさはなかなかものだ。このあたりにはADAからのノウハウの蓄積と新型レヴォーグの基本フィジカル性能をうかがわせるところである。カーブや料金所手前での速度制御が「おお、うまい」と思わず声が出てしまうほど自然なのは、それらをカメラやレーダーではなく、高精度3D地図で先読みしているからだろう。

新型「スバル・レヴォーグ」のコックピット周辺部。写真は「STI Sport EX」グレードのもので、ボルドー×ブラックの本革シートが与えられる。
新型「スバル・レヴォーグ」のコックピット周辺部。写真は「STI Sport EX」グレードのもので、ボルドー×ブラックの本革シートが与えられる。拡大
運転支援システムのスイッチは、ステアリングホイールの右側スポーク上に配される。写真でコの字型に並ぶスイッチのうち、右下に位置するのが「アイサイトX」の操作スイッチ。
運転支援システムのスイッチは、ステアリングホイールの右側スポーク上に配される。写真でコの字型に並ぶスイッチのうち、右下に位置するのが「アイサイトX」の操作スイッチ。拡大
新型「レヴォーグ」の「アイサイトX」搭載車は、曲率の高いカーブや料金所の手前で速度の制御がおこなわれる。GPSの高精度な地図データにより実現される機能である。
新型「レヴォーグ」の「アイサイトX」搭載車は、曲率の高いカーブや料金所の手前で速度の制御がおこなわれる。GPSの高精度な地図データにより実現される機能である。拡大
新型「レヴォーグ」には、新開発のステレオカメラのほか、スバル車として初めて斜め前方を検知するレーダーが搭載される。
新型「レヴォーグ」には、新開発のステレオカメラのほか、スバル車として初めて斜め前方を検知するレーダーが搭載される。拡大

最先端にはあと一歩

アイサイトXでは高精度3D地図以外にも地味ではあるが大きな技術変革がある。それはステアリングの“手ばなし運転”の検知方法が、反力センサーからタッチセンサーに変わったことだ。従来の反力センサーでは、アイサイトに合わせた運転がうまくなるほどクルマ側に「手ばなし運転」と誤認されがちだったが、タッチセンサー式なら、そうしたジレンマから解放されるはずである。

続いて、ドライバー異常対応システムを体験するために、わざと気を失ってみる(=頭を下げて、そのまますべての警告を無視し続ける)と、新型レヴォーグはハザードとホーンをヒステリックに作動させながら、徐々に速度を下げてスッと停止した。まるでクルマが自分のかわりに立ち止まって「誰か助けてください!」とさけんでいるかのようで、なんともいとおしい気持ちになった。同時に、今回はクルマにドッキリをしかけているようで思わず笑いたくもなったが、現実世界でこれを使うときは、おそらく笑える状況ではないだろう。

繰り返しになるが、アイサイトXは国内ではBMWと日産に続く3例目のハンズオフ運転技術となる。ただ、高精度3D地図を使っているにもかかわらず、現時点では「渋滞時の追従走行」というBMWと同等の機能にとどまっているのはちょっと残念だ。というのも、BMWはそれをカメラとレーダーだけでやっている。いっぽう、アイサイトXと同じく高精度3D地図を使う日産プロパイロット2.0は、一歩進んだ単独高速走行でのハンズオフも実現しているのだ。

いずれにしても、現時点ではドライバーが前方から目をはなすことはできないから、正直いうと、実用上の機能に決定的な差異はまだない。ただ、日本の濃厚なスバリストにしてみれば、レヴォーグは最後のトリデであり、アイサイトはいつも世界最先端であってほしい。

(文=佐野弘宗/写真=スバル、田村 弥/編集=関 顕也)


 

“手ばなし運転”の検知には、ステアリングへの入力を判定するセンサーではなく、接触・非接触をみるタッチセンサーが採用された。
“手ばなし運転”の検知には、ステアリングへの入力を判定するセンサーではなく、接触・非接触をみるタッチセンサーが採用された。拡大
「ドライバー異常時対応システム」作動時のメーターパネル。ドライバーの運転復帰が確認できない場合、車両は安全を確保しつつ自動的に停車する。
「ドライバー異常時対応システム」作動時のメーターパネル。ドライバーの運転復帰が確認できない場合、車両は安全を確保しつつ自動的に停車する。拡大
最新型「アイサイト」および「アイサイトX」には、他ブランドのクルマにみられない、スバルだけの新機能というものはない。しかし、その運転支援の“制御の仕方”は極めてハイレベルで感覚的にも自然といえる。
最新型「アイサイト」および「アイサイトX」には、他ブランドのクルマにみられない、スバルだけの新機能というものはない。しかし、その運転支援の“制御の仕方”は極めてハイレベルで感覚的にも自然といえる。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル レヴォーグ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。