スバルが新型「レヴォーグ」の概要を公開 2020年10月15日に正式発表

2020.08.20 自動車ニュース
スバル・レヴォーグ(写真はすべてプロトタイプ。撮影:田村 弥)
スバル・レヴォーグ(写真はすべてプロトタイプ。撮影:田村 弥)拡大

スバルは2020年8月20日、新型「スバル・レヴォーグ」の概要を発表。同日、先行予約の受け付けを開始した。同年10月15日に正式に発表される見込み。

フロントまわりは立体的なグリルやコの字型のランプが特徴。写真は「STI Sport」グレードのもの。
フロントまわりは立体的なグリルやコの字型のランプが特徴。写真は「STI Sport」グレードのもの。拡大
全長は先代比で65mm延長。車幅は15mmの拡幅にとどめ、全高は据え置きとされた。
全長は先代比で65mm延長。車幅は15mmの拡幅にとどめ、全高は据え置きとされた。拡大
インテリアでは大きなセンターモニターが目を引く。サイズは11.6インチ。
インテリアでは大きなセンターモニターが目を引く。サイズは11.6インチ。拡大

適度なサイズと利便性を追求

レヴォーグは、2014年6月に発売されたスバルのスポーツワゴン。今回の新型は2代目にあたるもので、「新世代の運転支援システムによるすぐれた安全性」と「低重心と新開発のドライブモードが実現するスポーティーな走り」、そして「SUVに負けないワゴンとしての価値」がセリングポイントとされている。

エクステリアは、2019年の東京モーターショーで披露されたデザインスタディーを踏襲するエッジの効いたデザインで、立体的なフロントグリルやフェンダーが特徴。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4755×1795×1500mmと、先代よりも65mm長く、15mm幅広くなったものの(高さは同一)、駐車場を含め、国内の多くの使用環境で使い勝手のいいサイズにおさめられている。

上質感と快適性を追求したというインテリアは、カーナビの地図や運転支援システムの情報が表示できる12.3インチフル液晶メーターや、縦型の11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ、センターパッドの小さなDシェイプステアリングホイールなどが特徴的。ホイールベースの延長(2650mm→2670mm)は空間的なゆとりをもたらし、荷室の開口部を拡大して5人乗車時の積載容量を39リッター増しの561リッターとするなど、ユーティリティー性の向上も図られている。

後席にはリクライニング機構が備わる。背もたれは全車3分割の可倒式。
後席にはリクライニング機構が備わる。背もたれは全車3分割の可倒式。拡大
荷室の容量は5人乗車時で561リッターと、先代より39リッター拡大された。写真は後席を倒した状態。
荷室の容量は5人乗車時で561リッターと、先代より39リッター拡大された。写真は後席を倒した状態。拡大
エンジンは新開発の1.8リッター水平対向4気筒ターボ。アウトプット、燃費ともに、先代の1.6リッターユニットを上回る。
エンジンは新開発の1.8リッター水平対向4気筒ターボ。アウトプット、燃費ともに、先代の1.6リッターユニットを上回る。拡大
Dシェイプのステアリングホイールには運転支援システムの操作スイッチがずらりと並ぶ。
Dシェイプのステアリングホイールには運転支援システムの操作スイッチがずらりと並ぶ。拡大

新開発パワートレイン搭載

新世代のスバルグローバルプラットフォームをベースとするボディーは、主要骨格を強固に結合したうえでパネルを張り合わせる「フルインナーフレーム構造」の採用や、構造用接着剤の適用範囲拡大により、剛性アップを実現(ねじり剛性は先代比で44%向上)。上質なステアフィールを実現する2ピニオン式の電動パワーステアリングの開発や、サスペンションのロングストローク化、空力パーツの適切な配置などにより、スポーティーなレヴォーグにふさわしい走りのよさが追求されている。

スバル車のキモとなる水平対向エンジンは、従来の1.6リッター4気筒ターボに代えて、その7PS増しとなる最高出力177PSと同50N・m増しの最大トルク300N・mを発生する新開発の1.8リッター4気筒ターボを採用。同じくリニューアルしたCVT「リニアトロニック」と相まって、先代の1.6リッターモデルに勝る16.6km/リッター(JC08モード。WLTCモードでは13.7km/リッター。いずれも社内測定値)の燃費を実現した。

先代では2リッター4気筒ターボも選べたが、新型は現時点では上記1.8リッターに限定されており、アウトプットを含め、パワートレインは3グレード(ベーシックな「GT」/装備充実の「GT-H」/スポーティーな仕様の「STI Sport」)で共通となっている。駆動方式は全車4WDである。

STI Sportグレード限定ながら、スバル初のドライブモードセレクトが備わるのもニュース。パワートレインの特性を変化させる「SI-DRIVE」に加えて、パワーステアリングや電子制御ダンパー、4WDシステム、運転支援システム、そしてエアコンの特性を、走行シーンに合わせて変更できる。

新型「レヴォーグ」には「アイサイト」が標準装備される。さらなる機能を追加した「アイサイトX」も新たに設定されている。
新型「レヴォーグ」には「アイサイト」が標準装備される。さらなる機能を追加した「アイサイトX」も新たに設定されている。拡大
「アイサイトX」には、ドライバーが意識を失った際に、車両が自動的な制御に移行して停車する機能も。写真はその「ドライバー異常時対応システム」が作動した際のメーターパネル。
「アイサイトX」には、ドライバーが意識を失った際に、車両が自動的な制御に移行して停車する機能も。写真はその「ドライバー異常時対応システム」が作動した際のメーターパネル。拡大
後方の様子をカメラ映像で表示する「スマートリアビューミラー」も、一部グレードにオプションとして用意される。
後方の様子をカメラ映像で表示する「スマートリアビューミラー」も、一部グレードにオプションとして用意される。拡大
新型「レヴォーグ」は2020年10月15日に正式発表される。当初は6グレードがラインナップされる見込み。
新型「レヴォーグ」は2020年10月15日に正式発表される。当初は6グレードがラインナップされる見込み。拡大

「アイサイト」も大幅に強化

安全性能の向上もトピックだ。ステレオカメラを使ったスバル独自の運転支援システム「アイサイト」は、新型カメラに加えて前側方レーダーや電動ブレーキブースターをスバルとして初採用。衝突回避をサポートできるシチュエーションを拡大するとともに、操舵制御を行い衝突を防ぐ新機能を追加するなどして大幅なレベルアップを果たした。

これに加えて、準天頂衛星やGPSから得られる情報と3D高精度地図データを利用した新機能「アイサイトX」を導入。ドライバーの状態をモニタリングするシステムやステアリングホイールのタッチセンサーを併用することで、曲率の高いコーナーや高速道路の料金所付近での車速制御のみならず、渋滞時のハンズオフアシスト、ドライバーが気絶するなど危機的な状況になった際の自動停車サポートなどが可能となった。

アイサイトX搭載車は、非搭載車とは別に「GT EX」「GT-H EX」「STI Sport EX」の名でラインナップされる。

各モデルの販売価格は、後日明らかにされる。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • 「スバル・レヴォーグ」が勝利した理由は? 今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを選考委員が振り返る 2020.12.21 デイリーコラム SNSなどでの下馬評をひっくり返し、「スバル・レヴォーグ」の圧勝に終わった今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)。2位に100点以上の差をつけた勢いはどこから生まれたのか? 今年のCOTYに課題はあったのか? 選考委員の渡辺陽一郎が解説する。
  • 熱血“スバリスト”も大興奮! ここがすごいぞ新型「レヴォーグ」 2020.10.9 デイリーコラム 2020年10月15日にいよいよ正式デビューを迎える新型「スバル・レヴォーグ」。待ちに待った2代目は、果たして買いなのか、それとも……? 自他ともに認める熱烈なスバルファン、マリオ高野はその仕上がりをこう評価する!
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る