スズキが「スペーシア」シリーズの仕様を変更 安全装備や運転支援システムを拡充

2020.08.20 自動車ニュース
スズキ・スペーシア ハイブリッドX
スズキ・スペーシア ハイブリッドX拡大

スズキは2020年8月20日、トールワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」の一部仕様を変更。同日、販売を開始した。

スペーシア カスタム ハイブリッドXS
スペーシア カスタム ハイブリッドXS拡大
スペーシア ギア ハイブリッドXZ
スペーシア ギア ハイブリッドXZ拡大
「スズキセーフティーサポート」非装着車を除き、SRSカーテンエアバッグが標準装備となった。
「スズキセーフティーサポート」非装着車を除き、SRSカーテンエアバッグが標準装備となった。拡大
軽乗用車へのアダプティブクルーズコントロールの採用は、スズキとしては「ハスラー」に続いて2例目となる。
軽乗用車へのアダプティブクルーズコントロールの採用は、スズキとしては「ハスラー」に続いて2例目となる。拡大

幅広いグレードにアダプティブクルーズコントロールを採用

今回の仕様変更は装備の強化、特に予防安全装置や運転支援システムの拡充が中心となっている。具体的には、夜間の歩行者も検知可能な衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」とSRSカーテンエアバッグを標準装備としたほか(「スズキセーフティーサポート」非装着車を除く)、スペーシア カスタムとスペーシア ギアの全車、およびスペーシアの「ハイブリッドX アップグレードパッケージ」に、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを新採用した。

さらに全方位モニター用カメラパッケージ装着車に搭載される標識認識機能については、認識できる標識の種類が増加。従来の「車両進入禁止」に加え、「はみ出し通行禁止」「法定速度」「一時停止」についても認識し、ヘッドアップディスプレイに表示するようになった。

このほかにも、USB電源ソケット(2個)や時間調整付きフロント間欠ワイパー(「スペーシア ハイブリッドG」を除く)が新たに追加されている。

ボディーカラーのラインナップも刷新

車体色のカラーバリエーションについても大幅に変更しており、スペーシアでは全グレードに「クールカーキパールメタリック」を設定したほか、「ハイブリッドX」にはクールカーキパールメタリックと「シフォンアイボリーメタリック」に「ホワイト2トーンルーフ仕様」を設定。全9色、13パターンのラインアップとした。

またスペーシア カスタムでは、「ハイブリッドXS」「ハイブリッドXSターボ」に「スチールシルバーブラック」の2トーンルーフ仕様を新設定し、全7色、11パターンのラインアップに変更。スペーシア ギアについては「シフォンアイボリーメタリック」および「クールカーキパールメタリック」と「デニムブルーメタリック」の「ガンメタリック2トーンルーフ仕様」を新設定し、全9色、9パターンのラインアップとした。

価格はスペーシアが138万0500円から164万7800円、スペーシア カスタムが164万8900円から195万9100円、スペーシア ギアが168万7400円から188万4300円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
スペーシア, スペーシア カスタム, スペーシア ギア, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ 2021.7.29 画像・写真 ポルシェが最新モデル「タイカン クロスツーリスモ」を日本初公開。高い動力性能を誇るハイパフォーマンスEVで、積載性の高いシューティングブレークで、しかも悪路走破性も考慮したクロスオーバーでもあるという、あまたの魅力を併せ持つ一台を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
ホームへ戻る