第104回:国民車議論ふたたび

2018.09.25 カーマニア人間国宝への道

日本で一番売れているクルマは?

以前、この連載で、「スイフトスポーツを国民車に!」というようなことを書いた。

スイフトスポーツは、国民車に必要とされる実用性を十分備えつつ、走るヨロコビも満たしてくれる。私のようなヨーロッパかぶれなカーマニアとしては、「こういうクルマに国民車になってもらいたい!」という願望を炸裂(さくれつ)させるのに、ドンピシャな対象なのである。

もちろん、スイフトスポーツが日本の国民車になることなど、ありえない。今年上半期(1~6月)の販売台数は8176台。普通のスイフトを含めても約2万台にすぎない。それが現実だ。

いやちょっと待てよ。約2万台のスイフトのうち、8000台以上がスイフトスポーツだったのか……。これはものすごいことだ! スイフトスポーツすげぇ! スイフトスポーツ万歳! と感動しつつ、さすがに国民車は遠い夢である。

では、現実には、どんなクルマが日本の国民車になっているのか。一番売れているクルマは何なのか。

近年、日本一売れているクルマといえば、ホンダのN-BOXと相場が決まっている。で、2位はe-POWERが絶好調の日産ノートという感じだが、視野を広く持つと、ちょっと順位が違ってくる。日本には兄弟車という、中身がほぼ同じで一部ルックスを変えただけのクルマが、けっこう多いからだ。

いま兄弟車を開発してるのって、ほとんどトヨタ・ダイハツグループだけど、なにせ圧倒的なシェアを持つトヨタが、兄弟車をいろいろ出してるんで。

筆者は当連載の第79~82回の4回にわたって「スイフトスポーツを国民車に!」という提言をしていた。(写真=池之平昌信)
筆者は当連載の第79~82回の4回にわたって「スイフトスポーツを国民車に!」という提言をしていた。(写真=池之平昌信)拡大
「スズキ・スイフトスポーツ」のリアビュー。
「スズキ・スイフトスポーツ」のリアビュー。拡大
「ホンダN-BOXカスタム」(写真=池之平昌信)
「ホンダN-BOXカスタム」(写真=池之平昌信)拡大
「日産ノートe-POWER」
「日産ノートe-POWER」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ ノア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.3.27 試乗記 ファンに惜しまれながらも、モデルライフの終了が決定した「ホンダS660」。最後のコンプリートカーとなる「モデューロX バージョンZ」の仕上がりは? ベース車両とサーキットで乗り比べ、その走りをチェックした。
ホームへ戻る