第104回:国民車議論ふたたび

2018.09.25 カーマニア人間国宝への道

日本で一番売れているクルマは?

以前、この連載で、「スイフトスポーツを国民車に!」というようなことを書いた。

スイフトスポーツは、国民車に必要とされる実用性を十分備えつつ、走るヨロコビも満たしてくれる。私のようなヨーロッパかぶれなカーマニアとしては、「こういうクルマに国民車になってもらいたい!」という願望を炸裂(さくれつ)させるのに、ドンピシャな対象なのである。

もちろん、スイフトスポーツが日本の国民車になることなど、ありえない。今年上半期(1~6月)の販売台数は8176台。普通のスイフトを含めても約2万台にすぎない。それが現実だ。

いやちょっと待てよ。約2万台のスイフトのうち、8000台以上がスイフトスポーツだったのか……。これはものすごいことだ! スイフトスポーツすげぇ! スイフトスポーツ万歳! と感動しつつ、さすがに国民車は遠い夢である。

では、現実には、どんなクルマが日本の国民車になっているのか。一番売れているクルマは何なのか。

近年、日本一売れているクルマといえば、ホンダのN-BOXと相場が決まっている。で、2位はe-POWERが絶好調の日産ノートという感じだが、視野を広く持つと、ちょっと順位が違ってくる。日本には兄弟車という、中身がほぼ同じで一部ルックスを変えただけのクルマが、けっこう多いからだ。

いま兄弟車を開発してるのって、ほとんどトヨタ・ダイハツグループだけど、なにせ圧倒的なシェアを持つトヨタが、兄弟車をいろいろ出してるんで。

筆者は当連載の第79~82回の4回にわたって「スイフトスポーツを国民車に!」という提言をしていた。(写真=池之平昌信)
筆者は当連載の第79~82回の4回にわたって「スイフトスポーツを国民車に!」という提言をしていた。(写真=池之平昌信)拡大
「スズキ・スイフトスポーツ」のリアビュー。
「スズキ・スイフトスポーツ」のリアビュー。拡大
「ホンダN-BOXカスタム」(写真=池之平昌信)
「ホンダN-BOXカスタム」(写真=池之平昌信)拡大
「日産ノートe-POWER」
「日産ノートe-POWER」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る