日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化

2020.08.20 自動車ニュース
「日産デイズ」(右)と「デイズ ハイウェイスター」(左)。
「日産デイズ」(右)と「デイズ ハイウェイスター」(左)。拡大

日産自動車は2020年8月20日、軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

日産のミリ波レーダーは、2台前を⾛る車両との車間距離や相対速度もモニタリング可能となっている。
日産のミリ波レーダーは、2台前を⾛る車両との車間距離や相対速度もモニタリング可能となっている。拡大
新たに全車標準装備となったUSB電源ソケット。
新たに全車標準装備となったUSB電源ソケット。拡大
「ハイウェイスター」シリーズでは、ニーエアバッグなどの安全装備も新たに採用された。
「ハイウェイスター」シリーズでは、ニーエアバッグなどの安全装備も新たに採用された。拡大
新規設定のツートンカラー「ホワイトパール/ブロッサムピンク」が採用された「デイズ ボレロ」。
新規設定のツートンカラー「ホワイトパール/ブロッサムピンク」が採用された「デイズ ボレロ」。拡大
「デイズ ボレロ」のインテリア。
「デイズ ボレロ」のインテリア。拡大

ADASのセンサーにミリ波レーダーを採用

今回の変更では、予防安全・運転支援システムのセンサーにミリ波レーダーを採用。車線維持支援機能付きアダプティブクルーズコントロール「プロパイロット」の性能を向上させたほか、新たに「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」や「インテリジェントDA(ふらつき警報)」「先行車発進お知らせ」「標識検知機能」(車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識に対応)、「ロードリミッター付きダブルプリテンショナーシートベルト<助手席>」などの機能を全車に採用した。またUSB電源ソケットも全車に標準装備している。

これらに加え、「ハイウェイスター」シリーズでは「SRSニーエアバッグシステム<運転席>」「ロードリミッター付きプリテンショナーシートベルト<後席>」「LEDフォグランプ」も新規採用・全車標準装備としたほか、これまでオプション設定だった「SOSコール」も標準装備とした。

ボディーカラーも変更しており、ツートンカラーについては「チタニウムグレー/ブラック」を追加することで5種類に設定を拡大。モノトーンにも「アトランティックブルー」「アメジストパープル」の2色を追加しており、カラーバリエーションは全18種類となった。

価格は132万7700円から188万2100円。

なお、オーテックジャパンの手がけるコンプリートカスタムカー「デイズ ボレロ」についても仕様を変更。ベース車と同じく装備の強化が図られたほか、ボディーカラーには「ホワイトパール/ブロッサムピンク」「プレミアムオリーブ/アッシュブラウン」「アッシュブラウン/ホワイトパール」と、同車専用のツートンカラーが3種類追加され、全10種類のカラーバリエーションとなった。

価格はFF車が146万8500円、4WD車が160万2700円。

(webCG)

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る