月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 EVじゃなかったら欲しいEV

2020.08.25 From Our Staff
鈴木真人さんの愛車「ルノー・ウインド」。
鈴木真人さんの愛車「ルノー・ウインド」。拡大

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。9月号ではEVだけどEVじゃない(?)クルマについて、読者の皆さまのご意見を大募集いたします。

それでは早速、来月号の内容をご紹介します。

最初のコンセプトカーからほとんど変わらぬ姿のままで発売される「ホンダe」。
最初のコンセプトカーからほとんど変わらぬ姿のままで発売される「ホンダe」。拡大
2020年10月に発売される新型「スバル・レヴォーグ」には新開発の1.8リッターターボエンジンが積まれる。
2020年10月に発売される新型「スバル・レヴォーグ」には新開発の1.8リッターターボエンジンが積まれる。拡大
「トヨタGRヤリス」には1.5リッターエンジンとCVTを搭載したエントリーグレードも用意される。
「トヨタGRヤリス」には1.5リッターエンジンとCVTを搭載したエントリーグレードも用意される。拡大

------------------------------------

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー。今月は試乗記やエッセイ『読んでますカー、観てますカー』でおなじみの鈴木真人さんが登場します。愛車「ルノー・ウインド」の乗り味に、どうにもしっくりこないポイントがあるという鈴木さん。DIYに取り組んでみたそうなのですが……。

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、自動車業界の動向をおさらいします。

この8月にまず話題を振りまいたのは「ホンダe」でした。航続距離などを割り切ったシティーコミューターですが、あの愛らしいボディーと一緒なら急速充電を繰り返してどこまでも行ける!? しかし、ホンダeの独走を許さないのが新型「スバル・レヴォーグ」が10月に発売というニュース。進化した「アイサイト」でホンダeに追従を図ります。

一方の試乗記部門には「トヨタGRヤリス」や「日産キックス」などの注目モデルが参戦。これらの争いかと思いきや、なんとこちらにも新型レヴォーグ(のプロトタイプ)が登場し、ニュース部門とのダブル制覇をもくろみます。今月もアクセスランキングから目が離せません。

ホンダe
ホンダe拡大
ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン拡大
ジャガーIペース
ジャガーIペース拡大
日産アリア
日産アリア拡大
テスラ・サイバートラック
テスラ・サイバートラック拡大
フォルクスワーゲンID.3
フォルクスワーゲンID.3拡大
新型フィアット500
新型フィアット500拡大

【読者アンケートの広場】
先日の「オートモビル カウンシル2020」で日本国内向け仕様がお披露目された「マツダMX-30」。ブランド初の100%電気自動車(EV)という触れ込みでしたが、ふたを開けてみればびっくり! 2リッターエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせたモデルが先行して発売されることが明らかになりました。

充電に要する時間や航続可能距離など、EVがいまだにさまざまな課題を抱えているのは皆さんもご承知の通り。デザインが気に入っても「でもEVなんだよなぁ~」と踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

そこで質問です。以下のピュアEVの中で、内燃機関搭載車が追加されたら欲しくなっちゃうかも!? というモデルはどれですか。投票の結果は9月1日配信のメールマガジンでお知らせします。ページ下段のアンケートフォームから、ぜひご投票&ご意見をお寄せください。

あなたにおすすめの記事
新着記事