「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車

2020.08.27 自動車ニュース
アバルト595エッセエッセ(写真手前)
アバルト595エッセエッセ(写真手前)拡大

FCAジャパンは2020年8月25日、「アバルト595/595C」に特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」を設定し、同年9月19日に計305台限定で発売すると発表した。

 
「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車の画像拡大
 
「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車の画像拡大
 
「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車の画像拡大
 
「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車の画像拡大
595Cエッセエッセ
595Cエッセエッセ拡大

今回のアバルト595/595Cエッセエッセは595シリーズの原型である1963年の「フィアット・アバルト595」にさらなるチューンを施した「フィアット・アバルト595 SS」にオマージュをささげたとうたわれる限定車だ。車名の「esseesse」は「SS」をイタリア語読みしたものであり、往年の595 SSと同様、スポーツ性を高める排気系チューンが施されるほか、ボディーサイドのストライプをはじめとする数々の専用アイテムが与えられている。

ベース車は最高出力180PSの1.4リッター直4ターボエンジンを搭載した「595コンペティツィオーネ」。レコードモンツァに代えてアクラポヴィッチ製のエキゾーストシステムを搭載し、ベース車とはひと味違った排気音を楽しめる。ボディーカラーには595 SSをほうふつとさせる「Grigio Campovolo(グリジオカンポヴォーロ)」(グレー)を採用。これにホワイト仕上げの17インチアルミホイールやサイドストライプなどを組み合わせ、現代的なアレンジを施している。

インテリアには限定車専用に赤いステッチを施したサベルト製スポーツシートや専用のカーボンインストゥルメントパネルを装備。レースモデルをイメージさせる仕立てとした。

ベース車のコンペティツィオーネには通常は設定されないカブリオレ(C)が選べるのもポイントだ。トランスミッションはクーペ、カブリオレとも5段MT、またはATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション(MTA)から選べるようになっている。全車右ハンドル仕様となる。

価格は595エッセエッセのMT車が403万円(限定110台)でMTA車が420万円(同60台)。595CエッセエッセのMT車が426万円(同90台)で、MTA車が443万円(同45台)。

(webCG)

関連キーワード:
595, アバルト, 自動車ニュース