マツダが「フレアワゴン」を一部改良 予防安全装備を強化

2020.09.03 自動車ニュース
マツダ・フレアワゴン タフスタイル ハイブリッドXT
マツダ・フレアワゴン タフスタイル ハイブリッドXT拡大

マツダは2020年9月3日、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良し、販売を開始した。

フレアワゴン ハイブリッドXS
フレアワゴン ハイブリッドXS拡大

フレアワゴンはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。

今回は安全装備や機能装備の強化を図っている。

予防安全装備では夜間の歩行者検知機能付きの「デュアルカメラブレーキサポート」を全車に標準装備としたほか、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを主要グレードに標準化。さらに、SRSカーテンエアバッグシステムも全車に標準装備としている。

機能装備ではメーターパネル内のディスプレイサイズを拡大して各種情報の視認性を強化するとともに、インストゥルメントパネルの中央下部にUSBチャージャー端子(2口)を設定(「ハイブリッドXG」を除く)。さらに「ハイブリッドXS」グレードに運転席シートバックテーブルを装備したほか、フロントワイパーに時間調整機能を追加した(ハイブリッドXGを除く)。

ボディーカラーはハイブリッドXSに「シフォンアイボリーメタリック2トーン」を、「タフスタイル」全車に「クールカーキパールメタリック2トーン」を新規設定。従来の「チアフルピンクメタリック2トーン」および「ツールグリーンパールメタリック2トーン」は廃止となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドXG:138万0500円(FF車)/150万3700円(4WD車)
  • ハイブリッドXS:152万4600円(FF車)/164万7800円(4WD車)
  • タフスタイル ハイブリッドXS:168万7400円(FF車)/180万7300円(4WD車)
  • タフスタイル ハイブリッドXT:185万0200円(FF車)/197万0100円(4WD車)
  • カスタムスタイル ハイブリッドXG:164万8900円(FF車)/177万2100円(4WD車)
  • カスタムスタイル ハイブリッドXS:176万4400円(FF車)/188万7600円(4WD車)
  • カスタムスタイル ハイブリッドXT:192万1700円(FF車)/204万4900円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
フレアワゴン, フレアワゴン カスタムスタイル, フレアワゴン タフスタイル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ フレアワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダが「フレアワゴン」を一部改良 予防安全装備を強化 2020.9.3 自動車ニュース マツダは2020年9月3日、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良し、販売を開始した。同車はマツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。今回は安全装備や機能装備の強化を図っている。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売 2012.10.25 自動車ニュース マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。
  • スバルが「サンバートラック」「サンバーバン」の一部改良モデルを発売 2020.9.3 自動車ニュース スバルが軽商用車「サンバートラック」および「サンバーバン」に一部改良を実施。安全装備を強化した。オートライトを全車標準装備とし、サンバートラックの架装車に「スマートアシストIIIt」を搭載した。
ホームへ戻る