「フィアット500/500C」に5段MT仕様のプレミアムな限定車が登場

2020.09.08 自動車ニュース
フィアット500マヌアーレ ピゥ チエロ
フィアット500マヌアーレ ピゥ チエロ拡大

FCAジャパンは2020年9月8日、「フィアット500/500C」の特別仕様車「Manuale+Cielo(マヌアーレ ピゥ チエロ)」を発表した。同年9月19日に計230台の台数限定で発売する。

ハッチバック車には固定式ガラスルーフが採用される。
ハッチバック車には固定式ガラスルーフが採用される。拡大
ボディーカラーとコーディネートされたマットグリーン仕上げのダッシュボードを採用。
ボディーカラーとコーディネートされたマットグリーン仕上げのダッシュボードを採用。拡大
16インチの専用アルミホイールに195/45R16サイズのタイヤを組み合わせている。
16インチの専用アルミホイールに195/45R16サイズのタイヤを組み合わせている。拡大

今回の500/500Cマヌアーレ ピゥ チエロは、500シリーズには通常設定のない5段MTを採用し、内外装に特別装備を施した限定車。車名はイタリア語でマニュアルを意味する「マヌアーレ」と、車内から空を見渡せることからプラスを意味する「ピゥ」、そして空を表す「チエロ」を融合したものだという。

搭載されるエンジンは最高出力85PSを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」で、ハッチバック車には固定式ガラスルーフが、カブリオレ(500C)にはワンタッチで展開するブラックの電動開閉式ソフトトップが組み合わされている。

ボディーカラーには、限定車専用となる新色「ポルトフィーノグリーン」を採用。スポーティーな形状のフロントおよびリアバンパーや16インチの専用アルミホイールも装備されている。

インテリアにおいては、テクノレザーとファブリックを組み合わせたブラックのコンビネーションシートや、ボディーカラーとコーディネートされたマットグリーン仕上げのダッシュボードが備わっている。

価格は500マヌアーレ ピゥ チエロが276万円、500Cマヌアーレ ピゥ チエロが295万円。前者が台数155台、後者が同75台の限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る