トヨタが「ルーミー」をマイナーチェンジ 進化した予防安全機能「スマートアシスト」を搭載

2020.09.15 自動車ニュース
トヨタ・ルーミー カスタムG-T
トヨタ・ルーミー カスタムG-T拡大

トヨタ自動車は2020年9月15日、コンパクトトールワゴン「ルーミー」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「ルーミーG」のエクステリア。写真のボディーカラーは新採用された「ターコイズブルーマイカメタリック」。
「ルーミーG」のエクステリア。写真のボディーカラーは新採用された「ターコイズブルーマイカメタリック」。拡大
「ルーミー カスタムG-T」のインテリア。スマートフォンなどの充電用USB端子が標準装備された。
「ルーミー カスタムG-T」のインテリア。スマートフォンなどの充電用USB端子が標準装備された。拡大
「ルーミー カスタムG-T」のキャビン。シート形状や表皮が変更されている。
「ルーミー カスタムG-T」のキャビン。シート形状や表皮が変更されている。拡大
センターコンソールに配置されたUSB端子。
センターコンソールに配置されたUSB端子。拡大

今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイスのデザインを中心に内外装および各種装備をブラッシュアップ。シート形状やシート表皮が変更されたほか、「ウエルカムパワースライドドア」や充電用USB端子を標準装備(エントリーグレードを除く)し、9インチディスプレイオーディオを全車にオプション設定している。

運転支援システムについては、全車に標準装備される予防安全機能「スマートアシスト」に衝突回避支援ブレーキ機能と衝突警報機能の検知対象に、同じ方向を走っているバイク・自転車などの二輪車と夜間の歩行者も追加。「カスタムG-T」および「カスタムG」グレードに、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールが搭載された。

外板色にクールバイオレットクリスタルシャインとターコイズブルーマイカメタリックを新たに採用している

価格は155万6500円から209万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーミー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ルーミー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • 「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の会場から 2016.11.10 画像・写真 2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ダイハツ・トール/トールカスタム」と、「トヨタ・タンク/ルーミー」が発売された。この姉妹車は、ダイハツが軽自動車の開発で培った技術をもって開発・製造し、トヨタはOEM供給を受けて販売する。トヨタとダイハツが共同で開催した新車発表会の様子を、写真でリポートする。CMタレントも登場!
  • ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】 2016.12.15 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る