現存するのは埼玉県に十数台のみ!? 幻のコンプリートカー「Green Blaze」とは?

2020.10.02 デイリーコラム

ボンネットに浮かぶ緑色の炎

2020年に新たなトヨタ車のコンプリートカーが世に出たことをご存じだろうか。「Green Blaze(グリーンブレイズ)」という名の、このコンプリートカーを送り出したのは、トヨタ自動車でもカスタムカーメーカーでもなく、トヨタの新車ディーラーだ。その誕生の舞台裏に迫るべく、製造・販売を手がける埼玉トヨペットを直撃した。

2020年8月28日に埼玉トヨペットは、Green Blazeシリーズの第2弾となる「Green Blazeクラウン」を発売した。埼玉トヨペットが企画・開発したオリジナルモデルだ。

価格はベース車の「トヨタ・クラウン」から120万円アップとなる611万2000円~823万5000円となかなかの上げ幅だ。しかし、そのカスタマイズの内容をみると、一概に高いともいえないことが分かる。クラウンの「RS」シリーズをベースに、クールホールディングスと共同開発したエアロパーツやTWS製鍛造20インチアルミホイール&「ブリヂストン・ポテンザS007A」のセットを装備。さらにボンネットにはハンドメイドによるグラインダーペイントが施されていて、光の加減によって緑色の炎が浮かび上がるデザインとなっているのだ。

より詳しく説明すると、共同開発のエアロは風洞実験を使って開発した本格的なもので、ボンネットのグラインダーペイントは埼玉トヨペットの板金職人がハンドメイドで仕上げている。ちなみにカスタマイズによる車高の変更はなく、予防安全装備「トヨタセーフティセンス」などへの影響がないのも安心だ。

2020年8月28日に発表された「Green Blazeクラウン」。埼玉トヨペットが独自に手がけたコンプリートカーだ。
2020年8月28日に発表された「Green Blazeクラウン」。埼玉トヨペットが独自に手がけたコンプリートカーだ。拡大
ボンネットにあしらわれる緑色の炎(ブレイズ)は職人の手作業によって一本ずつ手彫りで刻まれる。
ボンネットにあしらわれる緑色の炎(ブレイズ)は職人の手作業によって一本ずつ手彫りで刻まれる。拡大
トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る