日産が「インフィニティQX60モノグラフ」を発表 新型の3列シートSUVのデザインを示唆

2020.09.25 自動車ニュース
インフィニティQX60モノグラフ
インフィニティQX60モノグラフ拡大

日産自動車は2020年9月25日、新型「インフィニティQX60」の姿を示唆するコンセプトモデル「QX60 Monograph(モノグラフ)」を発表した。

 
日産が「インフィニティQX60モノグラフ」を発表 新型の3列シートSUVのデザインを示唆の画像拡大
 
日産が「インフィニティQX60モノグラフ」を発表 新型の3列シートSUVのデザインを示唆の画像拡大
 
日産が「インフィニティQX60モノグラフ」を発表 新型の3列シートSUVのデザインを示唆の画像拡大
 
日産が「インフィニティQX60モノグラフ」を発表 新型の3列シートSUVのデザインを示唆の画像拡大

QX60は、日産がインフィニティブランドからリリースしている3列7人乗りのSUVである(日本は未導入)。QX60モノグラフはその次期型のビジョンを示すコンセプトモデルで、同時にインフィニティがめざす未来のクルマの在り方なども表現されているという。

エクステリアデザインでは、ワイドなスタンス、高い位置に据えられた水平なショルダーライン、力強いホイールアーチが特徴で、厚みのあるフロントまわりや水平のボンネットとも相まって、現行モデルよりSUVらしさを強調。Aピラーからテールゲートスポイラーまで一筆書きで続くブラックルーフや、ピラーの存在を隠すようなガラスエリアの処理、それらとロワボディーとのコントラストも目を引くポイントとなっている。

また細部のデザインは日本の伝統をモチーフとしたものとしており、フロントグリルやサイドエアインテークのインナーメッシュには、3次元的な奥行きを感じさせるものとするべく“折り紙”に着想を得た意匠を採用。垂直な線を組み合わせた幾何学的なパノラマルーフの模様も、「絹の着物のひだや日本の現代建築の構造からインスピレーションを受けたもの」と説明している。

QX60モノグラフの実車は、横浜のグローバル本社と2020年北京モーターショーのインフィニティブースで公開予定。次世代QX60の量産モデルは、2021年に発表を予定している。

(webCG)

「インフィニティQX60モノグラフ」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事