リファインされた「メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ」が上陸

2020.10.05 自動車ニュース
マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」(同左)。(写真はすべて海外仕様車)
マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」(同左)。(写真はすべて海外仕様車)拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年10月5日、 マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ」の日本導入を発表。同日、予約注文の受け付けを開始した。デリバリーは、同年10月から順次行われる。

E300クーペ スポーツ
E300クーペ スポーツ拡大
E200カブリオレ スポーツ
E200カブリオレ スポーツ拡大
コックピット周辺部。ステアリングホイールのデザインはマイナーチェンジを機に変更されている。
コックピット周辺部。ステアリングホイールのデザインはマイナーチェンジを機に変更されている。拡大

安全性・利便性がさらに向上

2020年9月に「セダン」と「ステーションワゴン」が先行上陸した「メルセデス・ベンツEクラス」のマイナーチェンジモデル。1カ月遅れで、その「クーペ」「カブリオレ」バージョンも正式にデビューした。

いずれもエクステリアは、マイナーチェンジ前の流麗なルーフラインや力感のあるリアエンドを踏襲。その上でセダンやステーションワゴンと同様に、薄型でわずかに切れ上がったヘッドランプや、下方が広い台形のラジエーターグリル、側方に2本のフィンを持つバンパーなどでイメージチェンジが図られている。

ステアリングホイールが変更され、カーナビゲーションや運転支援システムの設定がすべて手元で完結できるようになったのもトピック。ハンズオフの検知がトルク感応式センサーからリムの静電容量式センサーに改められるなど、運転支援システムの利便性向上も図られた。なお、最新のEクラス クーペ/カブリオレには、停車時にドアを開けようとした際に後方から迫る障害物の存在を知らせる新機能も追加されている。

12.3インチの大型ワイドスクリーン2画面で構成されるインフォテインメントシステムについては、AI(人工知能)を活用した対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が備わるほか、AR (拡張現実) を使ったナビゲーションシステムを採用。これは、車両の前面に広がる実際の景色をナビ画面の一部に映し出すもので、直感的にどの道路に進むべきかが即座に認識できるようになっている。

カーナビゲーションシステムにはAR (拡張現実) の技術を活用。車両前方の実際の景色が、ナビ画面の一部に映し出される。
カーナビゲーションシステムにはAR (拡張現実) の技術を活用。車両前方の実際の景色が、ナビ画面の一部に映し出される。拡大
スマートフォンのワイヤレス充電機能も備わる。
スマートフォンのワイヤレス充電機能も備わる。拡大
メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ
メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ拡大

さまざまなパワーユニットを用意

パワーユニットは大きく分けて1.5リッター直4ターボと2リッター直4ターボ、3リッター直6ターボの3種類で、クーペ、カブリオレともに4モデルずつラインナップされる。

【クーペ】

  • E200クーペ スポーツ(1.5リッター直4ターボ):832万円 
  • E300クーペ スポーツ(2リッター直4ターボ):919万円 
  • E450 4MATICクーペ スポーツ(3リッター直6ターボ):1167万円
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ(3リッター直6ターボ):1305万円

【カブリオレ】

  • E200カブリオレ スポーツ(1.5リッター直4ターボ):871万円 
  • E300カブリオレ スポーツ(2リッター直4ターボ):956万円 
  • E450 4MATICカブリオレ スポーツ(3リッター直6ターボ):1226万円
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+カブリオレ(3リッター直6ターボ):1364万円

このうち「E200」の1.5リッター直4ターボエンジンにはベルトスタータージェネレーター(BSG)と48V電気システムからなるマイルドハイブリッドシステムが、「E450」の3リッター直6ターボエンジンにはインテグレーテッドスタータージェネレーター(ISG)と48V電気システムからなるマイルドハイブリッドシステムが組み合わされるなど、エネルギー効率が追求されている。

ハイパフォーマンスモデルの「AMG E53」は、ISGと48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせた3リッター直6エンジンを搭載。前後50:50~0:100の間でトルク配分を行える4WDシステム「AMG 4MATIC+」や「AMG RIDE CONTROL+サスペンション」も備わっており、卓越したドライビングダイナミクスと優れた快適性実現したとアピールされる。

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス クーペ, Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • メルセデスAMG GT R(後編) 2020.10.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第4回は「メルセデスAMG GT R」の試乗リポート後編。これまで何台ものAMGをガレージに収めてきた元オーナーであるにもかかわらず、その口から肯定的なコメントがなかなか発せられないのだが……。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンの価格が明らかに 2020.10.19 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年10月19日、「コンチネンタルGTマリナー」の国内における販売価格を発表した。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが設計と製造を担当する「コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンとなっている。
ホームへ戻る