「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定

2020.10.08 自動車ニュース
スバル・インプレッサスポーツ アドバンス
スバル・インプレッサスポーツ アドバンス拡大

スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。

「アドバンス」のインテリア。
「アドバンス」のインテリア。拡大
インプレッサスポーツSTI Sport
インプレッサスポーツSTI Sport拡大

すでに2020年9月17日に概要が発表されていたインプレッサの一部改良モデル。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」にマイルドハイブリッドパワートレイン「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、スバルのモータースポーツ活動を統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)がチューニングした「STI Sport」を追加設定している。

スバル・インプレッサのラインナップと価格は以下の通り。

【インプレッサG4】

  • 1.6i-L EyeSight:200万2000円(FF車)/222万2000円(4WD車)
  • 1.6i-S EyeSight:224万4000円(FF車)/246万4000円(4WD車)
  • 2.0i-L EyeSight:224万4000円(FF車)/246万4000円(4WD車)
  • 2.0i-S EyeSight:248万6000円(FF車)/270万6000円(4WD車)

【インプレッサスポーツ】

  • 1.6i-L EyeSight:200万2000円(FF車)/222万2000円(4WD車)
  • 1.6i-S EyeSight:224万4000円(FF車)/246万4000円(4WD車)
  • 2.0i-L EyeSight:224万4000円(FF車)
  • 2.0e-L EyeSight:256万3000円(4WD車)
  • アドバンス:278万3000円(4WD車)
  • STI Sport:270万6000円(FF車)/292万6000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサスポーツ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサG4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(後編) 2021.3.14 思考するドライバー 山野哲也の“目” 前編では「接地感が理想に近づいた」と新型「スバル・レヴォーグ」を絶賛したレーシングドライバーの山野哲也。後編では話がステアリングフィールにおよんだところ「それにしても……」と山野が首をかしげる。どうやら進化の幅が想像を大きく超えていたようだ。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • アウディRS e-tron GT 2021.4.7 画像・写真 「アウディe-tron GT」の高性能モデルである「RS e-tron GT」は、よりパワフルな電動4WD機構や、エアサスペンションを標準装備した足まわりに加え、内外装の仕立てもベース車とは異なるものとなっている。その詳細を、写真で紹介する。
ホームへ戻る