「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定

2020.10.08 自動車ニュース
スバル・インプレッサスポーツ アドバンス
スバル・インプレッサスポーツ アドバンス拡大

スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。

「アドバンス」のインテリア。
「アドバンス」のインテリア。拡大
インプレッサスポーツSTI Sport
インプレッサスポーツSTI Sport拡大

すでに2020年9月17日に概要が発表されていたインプレッサの一部改良モデル。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」にマイルドハイブリッドパワートレイン「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、スバルのモータースポーツ活動を統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)がチューニングした「STI Sport」を追加設定している。

スバル・インプレッサのラインナップと価格は以下の通り。

【インプレッサG4】

  • 1.6i-L EyeSight:200万2000円(FF車)/222万2000円(4WD車)
  • 1.6i-S EyeSight:224万4000円(FF車)/246万4000円(4WD車)
  • 2.0i-L EyeSight:224万4000円(FF車)/246万4000円(4WD車)
  • 2.0i-S EyeSight:248万6000円(FF車)/270万6000円(4WD車)

【インプレッサスポーツ】

  • 1.6i-L EyeSight:200万2000円(FF車)/222万2000円(4WD車)
  • 1.6i-S EyeSight:224万4000円(FF車)/246万4000円(4WD車)
  • 2.0i-L EyeSight:224万4000円(FF車)
  • 2.0e-L EyeSight:256万3000円(4WD車)
  • アドバンス:278万3000円(4WD車)
  • STI Sport:270万6000円(FF車)/292万6000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサスポーツ, スバル, 自動車ニュース

スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型スバルWRX 2021.9.10 画像・写真 スバルは2021年9月10日、高性能スポーツセダン「WRX」の新型を米国で世界初公開した。パフォーマンスカーとしての価値と実用的なセダンとしての価値を革新的に進化させたとうたわれる新型の姿を、写真で詳しく紹介する。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円 2021.7.29 自動車ニュース スバルが2代目となる新型「スバルBRZ」を発表した。グレードはベーシックな「R」と上級モデル「S」の2種類で、それぞれに6段MTと6段ATを設定。ボディーカラーには「WRブルー・パール」を含む7種類を用意している。価格は308万円から343万2000円。
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
  • アキュラNSXタイプS 2021.8.17 画像・写真 アメリカン・ホンダモーターが「アキュラNSXタイプS」を発表。ミドシップのハイブリッドスーパースポーツ「ホンダ/アキュラNSX」の最終モデルであり、パワートレインの改良や空力特性の見直しなどにより、動力性能の向上が図られているという。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る