「スカイアクティブX」は搭載しないんですか? 「マツダMX-30」の開発陣に話を聞いた

2020.10.16 デイリーコラム

開発スタートはマツダ3と同時

すでに各所で報じられている通り、マツダではこれまでチャレンジングなモデルに「MX」の名称を使ってきた。そのMXを冠する新型車「MX-30」はどこがチャレンジングなのかというと、これまでマツダ車にそれほど興味がなかった人たちに振り向いてもらうための、ある種の実験的なモデルなのだという。そのあたりの事情を開発主査の竹内都美子氏とチーフデザイナーの松田陽一氏に聞いてきたので報告したい。

実はMX-30の開発は、マツダの新世代商品群の第1弾である「マツダ3」と同時にスタートしている……が、実際には「CX-30」よりも遅れた第3弾としてデビューした。これについて竹内主査は「袋小路に入り込んでしまって」と笑顔で説明してくれた。

マツダの上層部から竹内氏に下されたミッションは「全く新しい価値観のクルマをつくりたまえ」だったという。聞くだけだと驚きは少ないものだが、自動車の誕生から百数十年を経た現代において、全く新しいモノを生み出せというのは、なかなか乱暴な指令である。松田氏は「ドツボにはまりました」と述懐する。

一般的に自動車は人々の生活を便利に、豊かにするためにつくられている。そのため前方視界やキャビンの広さ、荷室の広さといった他のクルマと同じポイントを重視していくと、どうしても新しい価値観を付与することが難しくなる。というか、どこかで見たことのあるクルマが出来上がってしまう。ここでの停滞がマツダ3との1年5カ月ほどのデビュー時期の差につながっている。

「マツダMX-30」の開発主査を務めた竹内都美子氏。マツダ社内では唯一の女性主査だという。
「マツダMX-30」の開発主査を務めた竹内都美子氏。マツダ社内では唯一の女性主査だという。拡大
「マツダ3」と同時に開発がスタートしながら、1年半近くもデビューが遅れてしまった。
「マツダ3」と同時に開発がスタートしながら、1年半近くもデビューが遅れてしまった。拡大
他のマツダ車とは異なり、フロントマスクに「シグネチャーウイング」(ヘッドランプの前に備わるメッキパーツ)が付いていない。
他のマツダ車とは異なり、フロントマスクに「シグネチャーウイング」(ヘッドランプの前に備わるメッキパーツ)が付いていない。拡大
マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • レンジエクステンダーとしてのメリットはどこに? マツダのロータリーが待ち望まれる理由 2020.10.28 デイリーコラム マツダが電気自動車のレンジエクステンダーとしてのロータリーエンジン復活をアナウンスした。しかし、アクセル操作とは関係なく稼働する発電専用エンジンでは、ロータリーならではの回転感覚を味わえるわけではない。果たしてメリットはどこにあるのだろうか。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る