トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編)

2020.10.22 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝がハイブリッドの「トヨタ・ヤリス クロス」にワインディングロードで試乗。セールス好調が伝えられる新型コンパクトSUVの仕上がりを、走りのプロはどう評価する?

“わかりやすい”クルマ

人気のトヨタ・ヤリス クロスを前にして細部の仕上げへの強いこだわりを示した谷口信輝。後半では、試乗した印象を語ってもらうことにしよう。
「決してものすごく速いクルマというわけじゃありませんよね」

箱根の急坂を上りながら、谷口はそう指摘した。
「でも、このエンジンは1500ccでしょ? 自然吸気の1500ccだったらこんなもんというか、なかなかよく走るほうだと思いますよ」

谷口はそう口にすると、試しにアクセルペダルを強く踏んでみせた。
「ほら、アクセルを踏むと、タコメーターの針が上がるよりも早くぐっと背中を押される感じがありますよね。あれって、ハイブリッドシステムのモーターが生み出している力じゃないですか。つまり、ヤリス クロスは1500ccのエンジンパワーをモーターで補っているんです。なかなかうまくできていますね」

THSと呼ばれるトヨタ方式のハイブリッドシステムは、かつて加速当初の「ヌメッ」とした感触が「ラバーバンドフィール」と指摘され、改善を求める声が少なくなかったようだが、トヨタはヤリス クロスにこれまで以上に強力なエンジンとモーターを搭載することでラバーバンドフィールの解消に努めた。その努力が報われた格好である。

続けて谷口は「コーナリングは思ったよりも安定していますね」と指摘した。
「ヤリスよりも車高が高いからもうちょっと不安定な感じになると予想していましたが、想像以上に安定しています。それと、タイヤの偏平率が50%と小さいから、ハンドル操作に対する反応も鈍くさくない。だからといってシャープなわけでもないけれど、なかなか正確なステアリングですよ。イメージ通りの回頭性で、ステアリングを切ると狙ったところに狙った姿勢でいける。おかげで、走り始めた直後から『ああ、こういうクルマね』ってすぐに理解できる。わかりやすいクルマですね」

それは褒め言葉なのだろうか?
「どんなドライバーが乗ってもすぐになじめるという意味では、とてもいいんじゃないですか。エンジン、ハンドリング、ブレーキ、どこをとってもクセがなくていいと思います。まあ、クルマの運転に強いこだわりを持っている人だとすぐに飽きちゃうかもしれませんが、そういう部分を求めるクルマじゃありませんからね。あと、ハンドルがよく切れて小回りが利く点は気に入りました。これ、僕にとっては重要なポイントですから……」

 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.27 試乗記 発売1カ月後の受注台数が、月販目標の3100台を大きく上回る4万5000台に達したというトヨタの新型SUV「ハリアー」。その人気の秘密を探るべく、最上級グレード「ハイブリッドZ“レザーパッケージ”」を郊外に連れ出した。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る