パステルイエローをまとったオフロードテイストの「フィアット・パンダ クロス4×4」登場

2020.10.13 自動車ニュース
フィアット・パンダ クロス4×4
フィアット・パンダ クロス4×4拡大

FCAジャパンは2020年10月13日、クロスオーバーSUV「フィアット・パンダ クロス4×4」を150台の台数限定で、同年10月24日に発売すると発表した。

ボディーカラーは「パステルイエロー」で、「CROSS」ロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールなどが採用されている。
ボディーカラーは「パステルイエロー」で、「CROSS」ロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールなどが採用されている。拡大
内装は、ブラックを基調にブラウンをあしらった専用仕上げ。「CROSS」ロゴ入り専用ファブリックシートや前席シートヒーターを装備している。
内装は、ブラックを基調にブラウンをあしらった専用仕上げ。「CROSS」ロゴ入り専用ファブリックシートや前席シートヒーターを装備している。拡大
オート/オフロード/ヒルディセントコントールの3つの走行プログラムが選択できるドライブモードセレクターが備わる。
オート/オフロード/ヒルディセントコントールの3つの走行プログラムが選択できるドライブモードセレクターが備わる。拡大

今回のパンダ クロス4×4は、最高出力85PSを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」に、6段MTと4WDシステムを組み合わせたコンパクトクロスオーバーモデル。

ボディーカラーには明るい「パステルイエロー」を採用し、樹脂パーツを用いた専用フロントフェイスをはじめ、フロントフォグランプやスキッドプレート風デザインを取り入れた前後バンパー、シルバー仕上げのルーフレール、「CROSS」ロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールなどを装備している。

インテリアにおいては、ブラックをベースにブラウンを随所にあしらった独自のカラーコーディネートが施されている。「CROSS」ロゴ入り専用ファブリックシートや前席シートヒーター、ドライブモードセレクター、フルオートエアコンなどが特別装備となる。

価格は263万円。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • 第691回:【Movie】いきなり登録ナンバーワン! 新型「フィアット500」に乗ってみた 2021.1.28 マッキナ あらモーダ! かつてショールームの展示車を紹介したディーラーから、大矢アキオに「新型『フィアット500』の試乗車がご用意できました」という誘いがやってきた。電気自動車に生まれ変わった新型の走りっぷりをムービーでお届けする。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る