スズキが「アルト」「アルト ラパン」を仕様変更 グレードラインナップを見直し

2020.10.14 自動車ニュース
スズキ・アルトS
スズキ・アルトS拡大

スズキは2020年10月14日、軽乗用車「アルト」および「アルト ラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

アルト ラパンX
アルト ラパンX拡大

今回はグレード構成を見直しており、アルトは「X」グレードを廃止し、「F」「L」「S」に「アルトワークス」を加えた4グレード展開に。一方のアルト ラパンは「S」グレードを廃して「G」「L」「X」「モード」の4グレード展開とした。

装備面ではアルトに電動格納式カラードドアミラーとフルオートエアコンなどを追加設定。アルト ラパンにはフルオートエアコンと電動格納式リモコンドアミラー、ステアリングオーディオスイッチ、時間調整付きフロント間欠ワイパーなどを追加した。

さらにアルトにはボディーカラーに「フェニックスレッドパールメタリック」を追加設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。
【アルト】

  • F(5段MT):86万3500円(FF車)/97万1300円(4WD車)
  • F(5段AGS):86万3500円(FF車)/97万1300円(4WD車)
  • L(CVT):91万8500円(FF車)/102万8500円(4WD車)
  • S(CVT):109万7800円(FF車)/120万0100円(4WD車)
  • ワークス(5段MT):153万7800円(FF車)/164万7800円(4WD車)
  • ワークス(5段AGS):168万6300円(4WD車)

【アルト ラパン】

  • G(CVT):121万円(FF車)/132万2200円(4WD車)
  • L(CVT):128万3700円(FF車)/138万8200円(4WD車)
  • X(CVT):144万8700円(FF車)/154万9900円(4WD車)
  • モード(CVT):141万9000円(FF車)/152万0200円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
アルト, ラパン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • その価値は“良品廉価”のみならず! スズキの軽四輪販売2500万台到達への歩み 2021.5.26 デイリーコラム スズキは2021年4月末の時点で軽四輪車の国内累計販売台数2500万台を達成した。「良品廉価」に徹しただけではなく、時にアグレッシブな商品を投入し、攻めの姿勢によって実現した偉業である。その輝かしい歴史を彩る車両を紹介する。
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る