「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売

2020.10.16 自動車ニュース
プジョー508プレミアムレザーエディション
プジョー508プレミアムレザーエディション拡大

グループPSAジャパンは2020年10月16日、プジョーブランドのフラッグシップサルーン「508」およびそのステーションワゴン版である「508SW」に特別仕様車「プレミアムレザーエディション」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売の画像拡大
 
「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売の画像拡大
 
「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売の画像拡大

今回のプレミアムレザーエディションは1.6リッターガソリンターボエンジン(最高出力180PS/最大トルク250N・m)を搭載した「GTライン」および2リッター直4ディーゼルターボエンジン(同177PS/同400N・m)を搭載した「GT BlueHDi」がベース。508の正式導入に先駆けて2018年に発売された「ファーストエディション」と同じ19インチアロイホイール「AUGUSTA」(タイヤは235/40ZR19の「ミシュラン・パイロットスポーツ4」)に加えて、パッケージオプションの中でも特に人気だというナッパレザーシート(運転席メモリー機能付き)を装備する。

ボディーカラーは「パールホワイト」と「セレベスブルー」の2色をラインナップ。19インチホイールとナッパレザーシート、さらにペイントオプションも含めてベース車から33万円アップに抑えられているのもセリングポイントだ。なお、これまでエントリーグレードとして販売されてきた「アリュール」が終売になることもアナウンスされた。

プレミアムレザーエディションのラインナップと価格は以下の通り。

  • 508 GTライン プレミアムレザーエディション:506万6000円
  • 508 GT BlueHDiプレミアムレザーエディション:540万6000円
  • 508SW GTライン プレミアムレザーエディション:532万4000円
  • 508SW GT BlueHDiプレミアムレザーエディション:566万4000円

(webCG)

関連キーワード:
508, 508SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • 「プジョー508/508SW」の特別仕様車「プレミアムレザーエディション」発売 2020.10.16 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年10月16日、プジョーブランドのフラッグシップサルーン「508」およびそのステーションワゴン版である「508SW」に特別仕様車「プレミアムレザーエディション」を設定し、販売を開始した。
  • プジョー508 GTライン(前編) 2019.5.30 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝がステアリングを握ったのは、プジョーのフラッグシップセダン「508」。新たに4ドアクーペスタイルをまとって登場した2代目の走りを、レーシングドライバーはどのように評価する?
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)/508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る