クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第239回:永福町のトム・クルーズ

2022.08.22 カーマニア人間国宝への道

集積回路スイッチON!

カーマニアの脳には、特殊な集積回路が埋め込まれていて、スイッチが入ると自動的に演算が始まり、紆余(うよ)曲折の末に答えが出る。今回もそうだった。

スイッチを入れたのは、エリート特急こと先代「BMW 320d」の故障である。3年前、警告灯5連発をお見舞いしてくれた、スピードセンサーご臨終の再発だった。

その時はわずか3万円弱で修理できたから、今回も同じようなものだろう。でも、またあの混雑しまくりのBMWディーラーに修理に入れるの、かったるいなぁ……(←スイッチON)。

エリート特急は走行距離7.5万km。もちろんまだまだ走れるが、ダンパーの賞味期限はとっくに過ぎている。終わったダンパーを交換してもいいのだが、ダンパーを交換するより、新しいクルマを買ったほうが楽しいだろう。それは300%間違いない。

いや、エリート特急には愛着がある。5年・5万kmも使った愛車はかなりレアだ。まだまだ走れるのにもったいない気もする。

しかし、このままオドメーターが10万kmを超えれば、下取りは限りなくゼロに近づいていく。その一方で、中古車相場は上がり続けている。つまり、時間がたてばたつほど損をする。

人生は有限だ。おっさんの免許人生はなおさら有限だ。「死ぬまで乗る!」というつもりなら別だが、いつか買い替えるなら早いほうがいい。経済的にも精神的にも肉体的にもありとあらゆる面で! よし、エリート特急を買い替えよう! そう決めた瞬間、心は躍っていた。

じゃ、何を買おう?

愛車エリート特急こと先代「BMW 320d」の故障が再発。それをきっかけに、新たな愛車選びのスイッチが入ってしまった。カーマニアにとって、クルマを買うことは人生最大のイベントである。
愛車エリート特急こと先代「BMW 320d」の故障が再発。それをきっかけに、新たな愛車選びのスイッチが入ってしまった。カーマニアにとって、クルマを買うことは人生最大のイベントである。拡大
エリート特急のスピードセンサーが故障し、またもや警告灯がついた。前回と同じくディーラーで修理することも考えたのだが、足まわりのヤレも気になっていたので買い替えを決意。
エリート特急のスピードセンサーが故障し、またもや警告灯がついた。前回と同じくディーラーで修理することも考えたのだが、足まわりのヤレも気になっていたので買い替えを決意。拡大
エリート特急には愛着があった。購入してから5年で5万kmも走り、関西往復で初めてワンタンク1000kmオーバーの悲願も達成した。(写真=佐藤靖彦)
エリート特急には愛着があった。購入してから5年で5万kmも走り、関西往復で初めてワンタンク1000kmオーバーの悲願も達成した。(写真=佐藤靖彦)拡大
エリート特急のセンターコンソールに貼っていた「節約。」エンブレム。クリーンディーゼルの「BMW 320d」は、ロングドライブの超優等生であった。
エリート特急のセンターコンソールに貼っていた「節約。」エンブレム。クリーンディーゼルの「BMW 320d」は、ロングドライブの超優等生であった。拡大
ホンダ シビック の中古車

カーマニア脳内すごろくフル回転

まず思い浮かんだのは、「シビック」のハイブリッドモデルだった。あれは実に素晴らしいクルマだ。デザインも走りも乗り心地も先進装備も文句ナシ! 「シビックe:HEV」はおっさんの棺おけにふさわしい、スタイリッシュなファストバックである。が、納車待ちはかなり長い。

じゃ「クラウン クロスオーバー」はどうか? まだ写真しか見ていないけど、あれもかなりカッコいい。豊穣(ほうじょう)なる貫禄のファストバックである。自動車業界にはクラウンブームが来ている!

しかしクラウン クロスオーバーはまだ発表されただけ。納車がいつになるか見当もつかない。

そうだ! いっそのこと中古のクラウンを買おう! 狙いは14代目の「マジェスタ」だ! あの乗り味は素晴らしかった! しかも覆面パトに間違えてもらえる! 覆面に間違えられるのは俺の長年の夢。今こそそれを実現する時だ!

早速中古車サイトを検索し、数多くの14代目クラウンの写真を眺めた。そして思った。

(オレ、本当にこれに乗るのか……?)

それは、嫌いな料理、私の場合はサザエのつぼ焼きを我慢して食べる感覚だった。人生で一番楽しいはずのクルマ選びが、我慢大会になっている。これはどう考えてもおかしい! 間違ってる!

じゃ「プジョー508」ならどうだろう(再検索)。

うお~カッコええ! このスカしたファストバックスタイル、タマランチ会長! それはまさに、お子さまランチを前にした子供のココロであった。

次期愛車候補の筆頭となったのが「ホンダ・シビックe:HEV」。スタイリッシュなファストバックデザインも走りも乗り心地も先進装備も文句ナシ! である。ただし、納車には結構な時間がかかるらしい。(写真=茂呂幸正)
次期愛車候補の筆頭となったのが「ホンダ・シビックe:HEV」。スタイリッシュなファストバックデザインも走りも乗り心地も先進装備も文句ナシ! である。ただし、納車には結構な時間がかかるらしい。(写真=茂呂幸正)拡大
まだ写真しか見ていないが「トヨタ・クラウン クロスオーバー」もかなりカッコイイ。しかし、発表されたばかりで、納車がいつになるのか見当もつかない。いっそ、クラウンの中古車を狙うのもアリか?
まだ写真しか見ていないが「トヨタ・クラウン クロスオーバー」もかなりカッコイイ。しかし、発表されたばかりで、納車がいつになるのか見当もつかない。いっそ、クラウンの中古車を狙うのもアリか?拡大
いろいろ考えて候補に挙がった「プジョー508」。このスカしたファストバックスタイルはたまらない。見ているだけでワクワクする。(写真=池之平昌信)
いろいろ考えて候補に挙がった「プジョー508」。このスカしたファストバックスタイルはたまらない。見ているだけでワクワクする。(写真=池之平昌信)拡大
ということで、早速「プジョー508」の中古車を検索。しかし、さすが不人気車だけあってタマ数は少なかった。そんななかで、ヒットしたのは……。
ということで、早速「プジョー508」の中古車を検索。しかし、さすが不人気車だけあってタマ数は少なかった。そんななかで、ヒットしたのは……。拡大

命名:ちょいワル特急

グレードは何か。508はガソリンモデルのほうが、ハンドリングのヒラヒラ感が圧倒的で、らしい感じだったが、ヒラヒラ走るなら「フェラーリ328」でよし。使用目的が主にロングドライブなので、やっぱ狙いはディーゼルターボの「508 GT BlueHDi」だろう。グレードを絞り込んで再度検索だ。

さすが不人気車種。タマ数は少ない。しかし上から数台目を見た瞬間、背中にビビビと電気が走った。

2018年式、走行4.2万km、車両本体価格299万円!

走行距離は一番長いが、個人的にはまったく許容範囲。プジョーのダンパーはBMWのソレより長持ちするはず。以前、走行12万kmの「プジョー406スポーツ」を買ったが、まったく問題なかった。4.2万kmなんて、おっさんには若すぎるくらいだ。

200万円台の508 GT BlueHDiは、全国に2台のみ。コレは狙いどおりのシルバーだ。エリート特急はブラックで汚れが目立つため、露天保管ではカーマニア的なココロの安息がなかなか得られなかったが、シルバーなら汚れが目立たないから全天候型。地味でシブい感じもおっさん向きだ。

販売店はどこだ? げえっ、俺のナローこと「トゥインゴ」を買った横浜のMAMAじゃんか!

運命だ……。

私は電撃的にMAMAに乗り込んだ。シルバーのプジョー508は、ファストバックスタイルが見るからにシャープでカッコよく、ジェット戦闘機のようだった。う~む、コイツは「F/A-18スーパーホーネット」だ。これに乗れば、俺は永福町のトム・クルーズになれる! 同い年(60歳)だし!

もちろん即決した。希望ナンバーはお値段どおりの「299」。愛称は「ちょいワル特急」だ。200万円台で、特急でちょいワルになってやる。ダッハハハハハハハハ!

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

かつて45万円で購入した走行12万kmの「プジョー406スポーツ」。プジョーのダンパーはBMWとは異なり、過走行車でもまったく問題なし。しっかりとした走りを味わうことができた。
かつて45万円で購入した走行12万kmの「プジョー406スポーツ」。プジョーのダンパーはBMWとは異なり、過走行車でもまったく問題なし。しっかりとした走りを味わうことができた。拡大
「iコックピット」と呼ばれる個性あふれる「プジョー508」のインテリア。センターコンソールに備わる鍵盤型のスイッチもユニークだ。「F/A-18スーパーホーネット」のようなスタイリングはもちろんのこと、インテリアもかなりオシャレさんである。(写真=池之平昌信)
「iコックピット」と呼ばれる個性あふれる「プジョー508」のインテリア。センターコンソールに備わる鍵盤型のスイッチもユニークだ。「F/A-18スーパーホーネット」のようなスタイリングはもちろんのこと、インテリアもかなりオシャレさんである。(写真=池之平昌信)拡大
検索の結果、かつて俺のナローこと「ルノー・トゥインゴ」を購入した横浜のフランス車専門店MAMAで、走行4.2万kmの2018年式「プジョー508 GT BlueHDi」を発見。価格はなんと299万円! これはもはや運命ではと、即決した。
検索の結果、かつて俺のナローこと「ルノー・トゥインゴ」を購入した横浜のフランス車専門店MAMAで、走行4.2万kmの2018年式「プジョー508 GT BlueHDi」を発見。価格はなんと299万円! これはもはや運命ではと、即決した。拡大
「508 GT BlueHDi」のボディーカラーはシルバーで、汚れが目立たず露天保管にも最適な全天候型である。希望ナンバーは、お値段どおり「299」に決定。愛称は「ちょいワル特急」とした。果たして特急でちょいワルになれるか?
「508 GT BlueHDi」のボディーカラーはシルバーで、汚れが目立たず露天保管にも最適な全天候型である。希望ナンバーは、お値段どおり「299」に決定。愛称は「ちょいワル特急」とした。果たして特急でちょいワルになれるか?拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ シビック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。