4ドアから5ドアへの変身例も! マイナーチェンジでガラリ一変したクルマ

2020.11.02 デイリーコラム

丸目・涙目・鷹目

先日マイナーチェンジした「三菱エクリプス クロス」。マイナーチェンジとはいうものの、全長を延ばしてリアスタイルを改めるという大がかりな変更、というから相当ダイナミックに変身したのかと思ったが、たいしたことはなかった(個人の感想です)。かつて「ミラージュ ディンゴ」や「デリカD:5」で大胆な仕事を見せてくれた三菱の作だけに、こちらの期待が大きすぎたのかもしれない。それはさておき、マイナーチェンジでの大がかりな変貌(変な言い回しだが)は、何も三菱の専売特許というわけではない。

マイナーチェンジで最も目につきやすく、話題になるのは顔つきの変化だろう。この整形手術でよく語られるのは、3代目「ホンダ・インテグラ」。1993年にデビューした当初は4つの丸形プロジェクターランプを独立して埋め込んでいた。個性的ではあったが、「ヤツメウナギみたいだ」と言われるなどいまいち評判がよろしくなく、1995年のマイナーチェンジで2代目インテグラのような横長のライトを持つ常識的なデザインに変更されてしまった。

もう1台はモデルライフ中に2度のフェイスリフトを受けた2代目「スバル・インプレッサ」。2000年のデビュー当初の通称「丸目」が、2002年には「涙目」となり、さらに2005年には「鷹目」に変わった。最後の鷹目は、ライトだけでなくグリルもスバルのルーツである航空機をモチーフとした“スプレッドウイングスグリル”に変更されている。

「R2」から始まったこのスプレッドウイングスグリルは、スバルのアイデンティティーを示す文字通り「スバルの顔」として各車に導入されるはずだったが、大見えを切った割には驚くほど短命に終わった。このグリルのせいもあって、個人的には2代目インプレッサは落ち着きのなかったクルマという印象が強いのである。

1993年に登場した3代目「ホンダ・インテグラ」。丸目プロジェクター4灯の顔つきはピニンファリーナ(デザイナーはエンリコ・フミア)の「アルファ・ロメオ・スパイダー/GTV」との近似性がよく指摘されるが、デビューはこちらのほうが先である。
1993年に登場した3代目「ホンダ・インテグラ」。丸目プロジェクター4灯の顔つきはピニンファリーナ(デザイナーはエンリコ・フミア)の「アルファ・ロメオ・スパイダー/GTV」との近似性がよく指摘されるが、デビューはこちらのほうが先である。拡大
1995年のマイナーチェンジで、先代を思い起こさせるおとなしい顔つきに変えられた「ホンダ・インテグラ」。
1995年のマイナーチェンジで、先代を思い起こさせるおとなしい顔つきに変えられた「ホンダ・インテグラ」。拡大
2000年に登場した2代目「スバル・インプレッサ」。俗に「丸目」と呼ばれる最初の顔つき。
2000年に登場した2代目「スバル・インプレッサ」。俗に「丸目」と呼ばれる最初の顔つき。拡大
2002年のマイナーチェンジで「涙目」となった「インプレッサ」。
2002年のマイナーチェンジで「涙目」となった「インプレッサ」。拡大
2005年には“スプレッドウイングスグリル”を採用して「鷹目」になった。
2005年には“スプレッドウイングスグリル”を採用して「鷹目」になった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事