「トヨタ・ミライ」のフルモデルチェンジでFCVの普及は進むか?

2020.11.06 デイリーコラム

理由あってのセダン型

トヨタの量産燃料電池車「ミライ」の2代目となる新型が、2020年12月に発売されることになった。燃料電池とは“フューエルセル(FC)”の訳語であり、トヨタは燃料電池車をFCVと呼ぶ。FCVといえば2000年前後に各社が競うように開発競争を繰り広げたものだが、あのときの熱気もすっかり冷めてしまい、今ではトヨタがひとり気を吐くだけ……と見えなくもない。

新型ミライそのものについてはプロトタイプの試乗リポートを参照いただきたいが、同車の開発担当氏は「FCVが増えなければ水素インフラも増えない。とにかく量を出して、普及させたい」といった切実な思いを、初代デビュー当時よりも強い口調で語る。初代ミライが発売された6年前(2014年末)以上に、現在はバッテリー式電気自動車(BEV)市場が加熱しており、FCVへの注目度・期待度は相対的に下がっているようにも思える。

そんな危機的状況(?)にあるFCVなのに、新型でもまたセダンでいいのか……とお思いの向きもあるかもしれない。今の時代、セダン自体の市場が縮小傾向にあるからだ。

しかし、新型ミライが大型セダンになった理由はいくつかある。まず、日本の多くの自動車技術者は今なお「セダンこそがクルマの基本形」と思い込んでいるフシがあることだ。もっとも、これはただの感情論というわけでもなく、「背が低いうえに一定以上の居住性も求められるセダンで成立させられた技術は、ほかの車型にも応用しやすい」というのが自動車づくりのイロハでもあるそうだ。

加えて、もっと現実的かつ切実な理由もある。新型ミライは個人顧客を増やすことを強く意識したというが、こうした次世代環境車の市場は、まだまだ個人より官公庁や法人頼みなのが現実だからだ。大型セダンであれば、政治家や首長の公用車、あるいは環境コンシャスな姿勢をアピールしたい企業の社用車としても使いやすい。そうしたニーズにも、なるほど初代より新型のほうが似合う。

初代モデルの誕生から6年を経た2020年12月、トヨタのFCV「ミライ」は新型へと移行する。写真はそのプロトタイプ。
初代モデルの誕生から6年を経た2020年12月、トヨタのFCV「ミライ」は新型へと移行する。写真はそのプロトタイプ。拡大
はやりのクーペスタイルながら、4ドアセダンとして開発された新型「ミライ」。FCVに対する法人需要の多さもその理由のひとつに挙げられる。
はやりのクーペスタイルながら、4ドアセダンとして開発された新型「ミライ」。FCVに対する法人需要の多さもその理由のひとつに挙げられる。拡大
ショーファードリブンカーとしての用途も意識されている新型「ミライ」には、後席用アシストグリップや快適装備が備わるグレード(写真)も。
ショーファードリブンカーとしての用途も意識されている新型「ミライ」には、後席用アシストグリップや快適装備が備わるグレード(写真)も。拡大
「かつてトヨタが自動車をつくり、ハイブリッド車を普及させたように、いまFCV開発に取り組むことには大きな意味がある」と意気込む、新型「ミライ」のチーフエンジニア田中義和氏。FCVの普及については、「流通する車両を増やしたうえで必要となるチャージステーションを拡充、その相乗効果で世に広まっていくスパイラルができれば」と語る。
「かつてトヨタが自動車をつくり、ハイブリッド車を普及させたように、いまFCV開発に取り組むことには大きな意味がある」と意気込む、新型「ミライ」のチーフエンジニア田中義和氏。FCVの普及については、「流通する車両を増やしたうえで必要となるチャージステーションを拡充、その相乗効果で世に広まっていくスパイラルができれば」と語る。拡大
トヨタ ミライ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ミライZ(RWD)【試乗記】 2021.3.5 試乗記 フルモデルチェンジでがらりと見た目の変わったトヨタの燃料電池車「ミライ」。大型FR車用のプラットフォームを用いたパッケージングや走り、そして一新された内外装デザインなど、純粋に“魅力あるクルマ”を目指したというが、果たしてその進化やいかに。
  • トヨタ・ミライG“Aパッケージ”(後編) 2021.7.4 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が新型「トヨタ・ミライ」に試乗。前編ではその乗り味を「宇宙船のようだ」と評した山野。後編では電動車ならではの加速感について、トヨタのつくり込みに対する最大級の賛辞を送るのだった。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
ホームへ戻る