ボルボの「S60」「V60」「XC60」のPHVに走行性能を高めた限定車登場

2020.11.06 自動車ニュース
写真左から、「S60」「V60」「XC60」の「T8ポールスターエンジニアード」。
写真左から、「S60」「V60」「XC60」の「T8ポールスターエンジニアード」。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2020年11月6日、セダン「S60」とワゴン「V60」、SUV「XC60」の各モデルに限定車「T8ポールスターエンジニアード」を設定。同日、購入申し込みの受け付けを開始した。

ボルボXC60 T8ポールスターエンジニアード
ボルボXC60 T8ポールスターエンジニアード拡大
S60 T8ポールスターエンジニアード
S60 T8ポールスターエンジニアード拡大
インテリアの様子。ゴールドのシートベルトが目を引く。
インテリアの様子。ゴールドのシートベルトが目を引く。拡大
フロントサスペンションの取り付け部には専用のストラットタワーバーが装着される。
フロントサスペンションの取り付け部には専用のストラットタワーバーが装着される。拡大

T8ポールスターエンジニアードは、従来のプラグインハイブリッドシステムに専用チューニングを施し動力性能を高めたモデル。システム最高出力420PSを発生する。さらに「ポールスターエンジニアード」モードを選択することで、アクセル、ステアリング、トランスミッションそれぞれのレスポンスを向上させ、ESCはスポーツモードにスイッチ、リアモーターの出力特性をスポーツドライビングに適した設定とすることができる。

足まわりには、前後とも22段階で減衰力調整ができるオーリンズ製ショックアブソーバーや、専用ストラットタワーバーを採用。S60およびV60のT8ポールスターエンジニアードにはブレンボ製6ピストンフロントブレーキキャリパーとスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント:371mm径)が、XC60 T8ポールスターエンジニアードにはドリルドベンチレーテッドタイプのブレーキローター(フロント:400mm径)とアケボノ製6ピストンフロントブレーキキャリパーが装着される。

エクステリアについては専用のバンパーやグリル、鍛造アルミホイールを装着。ゴールドに塗られたブレーキキャリパーや、「Polestar Engineered」ロゴをあしらったブラッククローム仕上げのステンレススチール製エキゾーストパイプも特徴となっている。一方インテリアは、専用のゴールドカラーシートベルトやテキスタイル×ファインナッパレザーのコンビスポーツシート、パドルシフト等が備わる。

PM2.5粒子を最大95%車外に排出できる空調システムや最新のB&Wプレミアムサウンドオーディオシステム、車速を制限することで安全性を高めるケアキー、充実した先進運転支援システムなどもセリングポイントとなっている。

各モデルの価格と販売台数は以下の通り。

  • S60 T8ポールスターエンジニアード(15台):919万円
  • V60 T8ポールスターエンジニアード(20台):919万円
  • XC60 T8ポールスターエンジニアード(30台):1024万円

(webCG)

関連キーワード:
V60, S60, XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る