テールゲートは足で開けてスライドドアは手で開ける 「ホンダ・オデッセイ」のジェスチャー装備の不思議

2020.11.11 デイリーコラム

足では開かないスライドドア

新しくなった「ホンダ・オデッセイ」にはジェスチャーで操作できる2つの新装備が加わった。

その一つはハンズフリーテールゲート。もはや説明不要だが、フロア下につま先を出し入れするだけでテールゲートが開く快適装備であり、今回の改良にあたってユーザーからの要望が最も多かった機能だという。「荷物で両手がふさがっていても……」と紹介されることが多い。

一方は「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」だ。国内ではオデッセイが初めて装備したこのアイテムは、スライドドアに付いているLEDのインジケーターに手をかざすことでロック/アンロックができるほか、アンロックした状態で手をスライドすると、ドアがそちらについてくる=開閉ができるという新機軸である。

作動はスムーズで「普通に開けたほうが早いぜ」みたいな感じは(それほど)ない。少なくともイライラするほどではない。センサーには静電容量式を採用しており、かざすのは手のひらに限らず、肘でも大丈夫。顔をかざしてみても作動したし、豚バラブロックなどでもOKだそうだ。

しかし、気になるのはどうして「手」を使うのかというところだろう。テールゲートを足の操作で開けるというのは理にかなっていると思うが、荷物で両手がふさがっている状態でスライドドアを開けたいというケースは多いし、子どもを抱っこした状態という場面も大いに考えられる。実際に同じホンダの「フリード」と「ステップワゴン」には足のジェスチャーで開けられるスライドドアが用意されているのだ(オプション)。

そのあたりの事情を開発スタッフに聞いてみた。

2020年11月6日に発売された「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデル。顔つきがだいぶ変わった。
2020年11月6日に発売された「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデル。顔つきがだいぶ変わった。拡大
マイナーチェンジモデルにはユーザーからの要望が最も強かったというハンズフリーテールゲートが設定された。
マイナーチェンジモデルにはユーザーからの要望が最も強かったというハンズフリーテールゲートが設定された。拡大
「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」について教えてくれた、本田技研工業の賀川賢一郎氏。
「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」について教えてくれた、本田技研工業の賀川賢一郎氏。拡大
ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ フロントマスクを一新 2020.11.5 自動車ニュース 本田技研工業は2020年11月5日、ミニバン「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデルを、同年11月6日に発売すると発表した。今回は内外装デザインのブラッシュアップに加えて、機能装備や予防安全装備の強化を図っている。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る