ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ フロントマスクを一新

2020.11.05 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデル。
「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデル。拡大

本田技研工業は2020年11月5日、ミニバン「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデルを、同年11月6日に発売すると発表した。

フロントまわりではボンネットの厚みを増してグリルを大型化。さらにヘッドライトを薄型化している。
フロントまわりではボンネットの厚みを増してグリルを大型化。さらにヘッドライトを薄型化している。拡大
ボンネットは従来モデルよりも70mmほど厚くなっている。
ボンネットは従来モデルよりも70mmほど厚くなっている。拡大
立体的なグラフィックに変更されたリアコンビライト。左右のユニットを結ぶメッキ加飾も施される。
立体的なグラフィックに変更されたリアコンビライト。左右のユニットを結ぶメッキ加飾も施される。拡大
パワースライドドアには予約ロック機能とジェスチャーによる開閉機能が加えられた。写真中央の青いランプの部分に手をかざし、左に動かすとドアが開く。
パワースライドドアには予約ロック機能とジェスチャーによる開閉機能が加えられた。写真中央の青いランプの部分に手をかざし、左に動かすとドアが開く。拡大
デザインが新しくなったインストゥルメントパネル。カーナビのまわりの茶色の部分にはウッド調加飾のパネルが、シフトセレクターまわりの体に触れる部分にはソフトパッドがあしらわれる。
デザインが新しくなったインストゥルメントパネル。カーナビのまわりの茶色の部分にはウッド調加飾のパネルが、シフトセレクターまわりの体に触れる部分にはソフトパッドがあしらわれる。拡大
メーターパネル内の左半分を占める液晶パネルは3.5インチから7インチへと大型化している。
メーターパネル内の左半分を占める液晶パネルは3.5インチから7インチへと大型化している。拡大
助手席前方にはリッド付きのインパネアッパーボックスが新設された。
助手席前方にはリッド付きのインパネアッパーボックスが新設された。拡大
メーターパネルの右側には運転席用の収納式カップホルダーが用意された。
メーターパネルの右側には運転席用の収納式カップホルダーが用意された。拡大
ホンダアクセスが手がけた純正アクセサリー装着車。メッシュタイプのグリルがスポーティーさを加味している。
ホンダアクセスが手がけた純正アクセサリー装着車。メッシュタイプのグリルがスポーティーさを加味している。拡大

より力強いフロントフェイスに

今回は内外装デザインのブラッシュアップに加えて、機能装備や予防安全装備の強化を図っている。

外装では、厚みを増したボンネットと大型グリル、さらに薄型のヘッドライトを採用し、力強さを感じさせるフロントフェイスに変更。リアコンビライトにはソリッドで立体的なグラフィックを採用し、メッキ加飾を施すことで、ワイドでシャープなフォルムを際立たせている。前後のウインカーは車両の内側から外側に向かって流れるように点灯するシーケンシャルターンシグナルランプを全車に標準装備。ボディーカラーは新色「オブシダンブルーパール」を加えた全5色展開としている。

内装ではインストゥルメントパネルのデザインを変更。視界に入りやすい部分には加飾パネルを、手の触れやすい位置にはソフトパッドをレイアウトし、全体の質感を高めている。さらに、メーターパネル内の液晶パネルを3.5インチから7インチに大型化したほか、運転席側の収納式カップホルダーやリッド付きのインパネアッパーボックスを新たに設定。これまでメーカーオプションとディーラーオプションが混在していた車載カーナビは10インチのディーラーオプション品のみに一本化している。

後席用のパワースライドドアには、流れる光に手をかざすことでドアノブに触れずに開閉できる「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」機能を国内初採用。スライドドアが閉まり切るのを待たずにドアクローズ後の施錠を可能にする予約ロック機能も加えている。上位グレードの「EX」には足のジェスチャーでテールゲートを開閉できる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」を標準装備とした。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」には後方誤発進抑制機能を追加している。

ラインナップと価格は以下の通り。なお「ハイブリッド」の呼称は新型「フィット」などと同じ「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に改められている。

【2リッターハイブリッド車】

  • e:HEVアブソリュート(8人乗り):419万8000円(FF車)
  • e:HEVアブソリュート(7人乗り):428万6000円(FF車)
  • e:HEVアブソリュートEX(7人乗り):458万円(FF車)

【2.4リッターガソリン車】

  • アブソリュート(8人乗り):349万5000円(FF車)/371万5000円(4WD車)
  • アブソリュート(7人乗り):358万3000円(FF車)
  • アブソリュートEX(7人乗り):381万5000円(FF車)
  • アブソリュートEX(8人乗り):392万9400円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
オデッセイ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ フロントマスクを一新 2020.11.5 自動車ニュース 本田技研工業は2020年11月5日、ミニバン「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデルを、同年11月6日に発売すると発表した。今回は内外装デザインのブラッシュアップに加えて、機能装備や予防安全装備の強化を図っている。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る