ホンダイズムはだてじゃない! ホンダが秘めた未来への可能性と乗り越えるべき課題

2020.11.30 デイリーコラム

誕生30周年を祝いたいところだが……

ホンダのフラッグシップスポーツ「NSX」が、今年(2020年)誕生30周年を迎えた。このクルマが生まれた1990年といえば、時代はバブル真っただ中。まだ小学生だった私に好景気の記憶はないが、「ホンダがフェラーリに挑むスーパーカーを出す」や「納車は数年待ち」などのNSXの情報が、背伸びして熟読していた自動車雑誌の誌面をにぎわせていたことは覚えている。あの頃、“即納”をうたい、中古車誌を飾っていたアキュラNSXはどこに行ったのだろう……?

日本初の量産スーパーカーという偉業を成し遂げた初代は、2005年にモデルライフを終了。7年にわたる沈黙を破ったのは、2012年の北米国際自動車ショーで発表された「NSXコンセプト」だった。ホンダはこのクルマを通し、新型NSXがV6ミドシップの伝統を受け継ぎながら、ハイブリッド4WDの「Sport Hybrid SH-AWD」を搭載した次世代スーパーカーとなることを予告。2016年より量産車の販売が開始された。

元来、NSXは米国市場を強く意識したモデルであったが、現行型は生産拠点も米国に移すなど、よりアメリカ寄りとなっている。もちろん、これはネガティブなことではない。今日では日欧問わず多くのメーカーが米国に生産拠点を構えているし、そもそも現代のスーパーカーのビッグマーケットは米国市場だ。日米の開発拠点と人材を活用して、フラッグシップモデルにふさわしい内容を実現するうえでも、あるいはユーザーフォローを充実させるという観点でも、米国に供給拠点を置くことは合理的な選択だったのだろう。

しかし、このようにベストを尽くしたはずのNSXが、なぜか米国で振るわない。2020年10月に発表された同市場での最新年間販売台数(2019年11月~2020年10月)は、コロナウイルスによる影響もあり、前年の同期間の約半分となる105台にとどまった。逆に言うと、2019年も217台と寂しいものだったのだ。

1990年9月に登場した「ホンダNSX」。今年でデビュー30周年を迎えた。
1990年9月に登場した「ホンダNSX」。今年でデビュー30周年を迎えた。拡大
2016年に登場した現行型「NSX」。ハイブリッド4WDの搭載で世界屈指の動力性能を実現しているが、その人気はいまひとつのようだ。
2016年に登場した現行型「NSX」。ハイブリッド4WDの搭載で世界屈指の動力性能を実現しているが、その人気はいまひとつのようだ。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事