カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表

2020.11.18 自動車ニュース
カワサキ・メグロK3
カワサキ・メグロK3拡大

カワサキモータースジャパンは2020年11月17日、新型オートバイ「カワサキMEGURO(メグロ)K3」を2021年2月1日に発売すると発表した。

 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
こちらは往年の名車「カワサキ500メグロK2」。今回「W800」をベースに、これら“ご先祖モデル”のイメージが再現された。
こちらは往年の名車「カワサキ500メグロK2」。今回「W800」をベースに、これら“ご先祖モデル”のイメージが再現された。拡大

プレミアムな「W」として復活

「メグロ」は、1924年創業の目黒製作所がかつて手がけていたスポーツバイクブランド。大排気量で高性能、高品質な製品で知られたが、川崎航空機工業(現在の川崎重工)との統合(1964年)により、メグロブランドは消滅。その伝統はカワサキの「W」シリーズへと継承されてきた。

今回発表されたカワサキ・メグロK3は、そのイメージを再現したモデル。クラシカルなデザインと並列2気筒エンジンを特徴とする既存の「カワサキW800」をベースに、さらなる質感の高さが追求されている。

その最たるものは、オリジナルエンブレムを装着した燃料タンク。アルミ製のエンブレムは往年のメグロワークスをモチーフに立体成型されたもので、職人による手作業で5色に塗り分けられている。銀鏡塗装のタンク本体には、傷を自己修復する特殊コーティング塗装「ハイリーデュラブルペイント」を採用。モーターサイクルの普遍的な美しさを表現したとアピールされる。

そのほか、黒色酸化皮膜処理を施されたステンレス製メーターリングや、滑らかで高品質なシート表皮を採用し後端にシルバーの「Kawasaki」ロゴをプリントしたオリジナルシート、レッドの差し色でドレスアップされたベベルギアカバー(エンジン側方)、「メグロ」ロゴ入りのサイドカバーなどが特徴となっている。

装備も充実しており、ETC2.0車載器やグリップヒーターは標準で与えられる。エンジンのスペック(最高出力52PS/6500rpm、最大トルク62N・m/4,800rpm)についてはW800と変わらないものの、同モデルと同様に、アシスト&スリッパークラッチが備わっている。

価格はW800(110万円)比で17万6000円高となる127万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
メグロK3, カワサキ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カワサキ・ニンジャZX-25R SE KRTエディション(MR/6MT)【レビュー】 2020.11.28 試乗記 2019年の東京モーターショーで公開されるや、久々の「250cc 4気筒エンジン搭載モデル」として二輪ファンを沸かせた「カワサキ・ニンジャZX-25R」。その走りを、レーシングチームのカラーをまとう上級モデルで試した。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
ホームへ戻る