カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表

2020.11.18 自動車ニュース
カワサキ・メグロK3
カワサキ・メグロK3拡大

カワサキモータースジャパンは2020年11月17日、新型オートバイ「カワサキMEGURO(メグロ)K3」を2021年2月1日に発売すると発表した。

 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
 
カワサキが往年のブランド名を冠した新型バイク「メグロK3」を発表の画像拡大
こちらは往年の名車「カワサキ500メグロK2」。今回「W800」をベースに、これら“ご先祖モデル”のイメージが再現された。
こちらは往年の名車「カワサキ500メグロK2」。今回「W800」をベースに、これら“ご先祖モデル”のイメージが再現された。拡大

プレミアムな「W」として復活

「メグロ」は、1924年創業の目黒製作所がかつて手がけていたスポーツバイクブランド。大排気量で高性能、高品質な製品で知られたが、川崎航空機工業(現在の川崎重工)との統合(1964年)により、メグロブランドは消滅。その伝統はカワサキの「W」シリーズへと継承されてきた。

今回発表されたカワサキ・メグロK3は、そのイメージを再現したモデル。クラシカルなデザインと並列2気筒エンジンを特徴とする既存の「カワサキW800」をベースに、さらなる質感の高さが追求されている。

その最たるものは、オリジナルエンブレムを装着した燃料タンク。アルミ製のエンブレムは往年のメグロワークスをモチーフに立体成型されたもので、職人による手作業で5色に塗り分けられている。銀鏡塗装のタンク本体には、傷を自己修復する特殊コーティング塗装「ハイリーデュラブルペイント」を採用。モーターサイクルの普遍的な美しさを表現したとアピールされる。

そのほか、黒色酸化皮膜処理を施されたステンレス製メーターリングや、滑らかで高品質なシート表皮を採用し後端にシルバーの「Kawasaki」ロゴをプリントしたオリジナルシート、レッドの差し色でドレスアップされたベベルギアカバー(エンジン側方)、「メグロ」ロゴ入りのサイドカバーなどが特徴となっている。

装備も充実しており、ETC2.0車載器やグリップヒーターは標準で与えられる。エンジンのスペック(最高出力52PS/6500rpm、最大トルク62N・m/4,800rpm)についてはW800と変わらないものの、同モデルと同様に、アシスト&スリッパークラッチが備わっている。

価格はW800(110万円)比で17万6000円高となる127万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
メグロK3, カワサキ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
  • ホンダ・シビック タイプR(後編) 2021.4.11 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が最新の「ホンダ・シビック タイプR」に試乗。足まわりが「動くべき方向にしか動かない」。これこそがタイプRの驚異的な運動性能を支えている最大のポイントだと山野は熱弁をふるうのだった。
  • カワサキW800ストリート(MR/5MT)【レビュー】 2019.11.5 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。
  • プジョー5008 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る