南仏サントロペの景色をイメージした限定車「ルノー・カングー ペイザージュ」発売

2020.11.19 自動車ニュース
ルノー・カングー ペイザージュ
ルノー・カングー ペイザージュ拡大

ルノー・ジャポンは2020年11月19日、「ルノー・カングー」に台数200台の限定車「ペイザージュ」を設定し、同日、販売を開始した。

同じボディーカラー「ブルー ドラジェ」をまとうモデルは、2019年6月に「カングー クルール」の名で限定発売されており、今回はその復刻ともいえる。なお、車名にある「ペイザージュ」はフランス語で「風景」を意味する。
同じボディーカラー「ブルー ドラジェ」をまとうモデルは、2019年6月に「カングー クルール」の名で限定発売されており、今回はその復刻ともいえる。なお、車名にある「ペイザージュ」はフランス語で「風景」を意味する。拡大
 
南仏サントロペの景色をイメージした限定車「ルノー・カングー ペイザージュ」発売の画像拡大
 
南仏サントロペの景色をイメージした限定車「ルノー・カングー ペイザージュ」発売の画像拡大
 
南仏サントロペの景色をイメージした限定車「ルノー・カングー ペイザージュ」発売の画像拡大

カングー ペイザージュは、バカンスで人気の街、南仏サントロペで見られる美しい景色をイメージしたというモデル。専用ボディーカラーの「ブルー ドラジェ」で、かの地のさわやかな青空と青く澄み切った海が表現されている。

ベースとなるのは「カングー ゼン」の6AT車。このボディーカラーのほか、ボディー同色のフロントグリルブレード、ブラックの前後バンパーとドアミラーカバーが特徴となっている。

価格はベースモデルと同じ264万7000円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース