「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善

2020.11.19 自動車ニュース
レクサス500h“バージョンL”
レクサス500h“バージョンL”拡大

トヨタ自動車は2020年11月19日、レクサスブランドのフラッグシップサルーン「LS」のマイナーチェンジモデルを発売した。

 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大
 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大
 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大
 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大

すでに2020年7月にマイナーチェンジの概要が明かされているレクサスLS。LSのDNAである静粛性と乗り心地の改善を図ったほか、自動車専用道路での周辺認識と自車位置推定、走行車線・位置選択、速度調整をしながら出口まで運転を支援する「アドバンストドライブ」を採用するなど先進運転支援システムを大幅に強化。内外装の意匠にも手を加えている。

レクサスLSのラインナップと価格は以下の通り。なお、アドバンストドライブ搭載モデルは2021年発売予定となっている。

【LS500】

  • “Iパッケージ”:1073万円(FR車)/1114万円(4WD車)
  • “Fスポーツ”:1234万円(FR車)/1244万円(4WD車)
  • “バージョンL”:1345万円(FR車)/1386万円(4WD車)
  • “エグゼクティブ”:1539万円(FR車)/1580万円(4WD車)

【LS500h】

  • “Iパッケージ”:1219万円(FR車)/1260万円(4WD車)
  • “Fスポーツ”:1351万円(FR車)/1392万円(4WD車)
  • “バージョンL”:1493万円(FR車)/1534万円(4WD車)
  • “エグゼクティブ”:1687万円(FR車)/1728万円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンがゴルフ トゥーランの仕様を変更 新エンジンを採用し装備も大幅拡充 2021.4.16 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」の仕様を変更。ガソリン車のエンジンを新世代の「1.5 TSI」に変更したほか、インフォテインメントシステムを通信サービスに対応する最新のものとするなど、装備の強化も図っている。
ホームへ戻る