SUVの「クラウン」はアリなのか? 絶滅危惧車の運命について考える

2020.11.23 デイリーコラム

あまりにも多い難題

先ごろ、次期「トヨタ・クラウン」がセダンではなくSUVになるという趣旨の新聞報道があった。

セダンは販売が低調で、クラウンの売れ行きも下がった。現行型の発売から2年少々が経過したが、売れ行きは先代のモデル末期と同等まで落ち込んだ。クラウンは基本的に国内向けの製品だから、今後は成立すること自体、困難になりそうだ。

しかしクラウンは1955年に初代モデルが発売された、トヨタの根幹をなすとされる車種であり、廃止はできないらしい。そこでクラウンの車名と高級感を継承しながら、カテゴリーを従来のセダンから売れ筋のSUVに変更するというわけだ。

これはまさに苦肉の策で、成功する可能性は低い。クラウンは基本的に“セダンのカテゴリー”とセットで発展してきたからだ。SUVではブランドイメージが合わない。

またクラウンは高級車の代表であり、優れた走行安定性と乗り心地が不可欠だ。この2つの要素を高次元で両立させるには、低重心で、後席とトランクスペースの間に隔壁を備えた高剛性のセダンボディーが必要になる。クラウンがSUVになれば、外観の存在感が増して車内も広くなるだろうが、高級車にとって最も大切な静粛性や快適性の点で不利になる。

そしてかつての「日産レパード」のように、同じ車名でセダンやクーペなどカテゴリーを変えた車種は、販売面では成功していない。

4ドアセダンの代名詞的存在といえる「トヨタ・クラウン」。2020年11月2日にマイナーチェンジが発表されたばかりだが、純粋なセダンとしてはこの15代目が最後になるとうわさされている。
4ドアセダンの代名詞的存在といえる「トヨタ・クラウン」。2020年11月2日にマイナーチェンジが発表されたばかりだが、純粋なセダンとしてはこの15代目が最後になるとうわさされている。拡大
セダンにとって、荷室と分け隔てられた、ドライバーオリエンテッドなキャビンは重要な要素。果たして、次期「クラウン」の車内空間は……。写真は「クラウンRSアドバンス」のもの。
セダンにとって、荷室と分け隔てられた、ドライバーオリエンテッドなキャビンは重要な要素。果たして、次期「クラウン」の車内空間は……。写真は「クラウンRSアドバンス」のもの。拡大
ユーザーの若返りを目指し、スタイリッシュな外観が与えられた現行型「クラウン」。しかし、セール面では苦境に立たされている。
ユーザーの若返りを目指し、スタイリッシュな外観が与えられた現行型「クラウン」。しかし、セール面では苦境に立たされている。拡大
トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • トヨタが「プリウス」「プリウスPHV」を一部改良 プリウスには特別仕様車も設定 2021.6.3 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年6月3日、「プリウス」および「プリウスPHV」を一部改良するとともに、プリウスに特別仕様車「S“ツーリングセレクション・ブラックエディション”」と「A“ツーリングセレクション・ブラックエディション”」を設定し、販売を開始した。
  • トヨタが「ヤリス」を一部改良 全車速追従機能付きACCを主要グレードに標準装備 2021.5.10 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年5月10日、コンパクトハッチバック「ヤリス」を一部改良し、販売を開始した。今回は先進運転支援装備と快適装備の強化を図っており、全車速追従機能を加えたレーダークルーズコントロールを主要グレードに標準装備している。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る