ボルボの「S60」「V60クロスカントリー」に48Vハイブリッド搭載モデル登場

2020.11.26 自動車ニュース
「ボルボS60」(写真右)と「V60クロスカントリー」
「ボルボS60」(写真右)と「V60クロスカントリー」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2020年11月26日、スポーツセダン「S60」とクロスオーバー「V60クロスカントリー」の一部仕様を変更するとともに、48Vハイブリッドシステム搭載モデルの導入を発表。同日、販売を開始した。

S60
S60拡大
V60クロスカントリー
V60クロスカントリー拡大

S60は従来の「T4」「T5」に代えて、2リッター直4ターボエンジンをモーターがアシストする48Vハイブリッドシステム搭載モデル「B4」「B5」をラインナップ。V60クロスカントリーについてもT5がB5にスイッチ。これにより、国内で販売されるボルボ車はすべて電動化モデルとなった。

同時に、S60についてはエントリーモデル「B4モメンタム」の装備を変更。「キーレスエントリー」と「運転席8ウェイパワーシート(運転席ドアミラー連動メモリー機構付き)」、「グラウンドライト付きのボディー同色ドアハンドル」が標準化された。

また、「S60リチャージプラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション」の装備を見直し価格を抑えた「S60リチャージプラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション エクスプレッション」と、スポーティーな足まわりやドレスアップを特徴とする「S60 B5 R-DESIGN」という、2モデルが新たに設定された。

S60とV60クロスカントリー共通の変更点としては、「CleanZone:アドバンスト・エア・クオリティー・システム(PM2.5センサーおよび車内自動換気機能付き)」や「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」の搭載(S60リチャージプラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプションを除く)、オプション「B&Wプレミアムサウンド・オーディオシステム」のアップグレードが挙げられる。

さらに、交通事故による死者と重傷者をゼロにするというボルボの方針により、最高速を180km/hに制限。運転経験の浅いドライバーや高齢のドライバーなどが運転する際にあらかじめ最高速をさらに低く設定しておける「ケアキー」も導入された。

ラインナップと価格は以下の通り。

【S60】

  • B4モメンタム:499万円
  • B5インスクリプション:624万円
  • B5 R-DESIGN:624万円
  • リチャージプラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション エクスプレッション:684万円
  • リチャージプラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:799万円

【V60クロスカントリー】

  • B5 AWD:579万円
  • B5 AWDプロ:674万円

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • 第2回:S60 D4をワインディングロードで試す 2015.7.27 徹底検証! ボルボのディーゼル 新世代ディーゼルターボを搭載するボルボのスポーティーセダン「S60 D4 R-DESIGN」に試乗。ワインディングロードでムチを当てると、その骨太な個性が見えてきた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る