正式デビューは2021年春! 新型「ルノー・カングー」について分かっていること

2020.12.02 デイリーコラム

日本で一番売れているルノー

仏ルノーは2020年11月12日に、3代目となる新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。カングーはそもそもフランスでフルゴネットと呼ばれる小型商用バン「ルノー・エクスプレス」をルーツとするモデルだ。1997年に初代モデルが登場し、乗用車バージョンのカングーと商用車バージョンの「カングー エクスプレス」が設定されていた。

日本で乗用モデルのカングーが発売されたのは2002年のこと。適度なサイズと使い勝手のよさ、独特の乗り味が評価されて国内でもヒット作となり、現在に至るまで日本で一番売れているルノー車となっている。

以下がこれまでの国内でのカングーの新車登録台数だ。

  • 初代:9192台(2002年~2009年)
  • 現行型:2万0428台(2009年~2020年10月)

今回は現時点で発表されている情報をもとに、分かる範囲で新型の姿を読み解いてみたい。

カングーが売れているのは、日本だけではない。ルノーは1998年以来、21年連続で欧州のバン&ミニバン市場でナンバーワンのセールスを誇っている。また、電動化にもいち早く取り組んでおり、9年連続で電動小型商用車のトップセラーであるとともに、今や電動車が小型商用車販売の半分を占めるという。ちなみに2011年以降、欧州で最も売れている電動小型商用車はカングーのEV仕様である「カングーZ.E.」だ。すでに5万台以上が販売されている。

新型のパワートレインについて詳細は明らかになっていないが、カングー バンには、ディーゼルとガソリンの内燃機関バージョン、そしてEVバージョンの3種類を用意。内燃機関バージョンのトランスミッションはマニュアルとオートマチックがあるという。乗用バージョンのカングーにもEVが設定されるようだ。

日本には導入されていないが、ルノーはこれまでにも欧州でカングーZ.E.をはじめハッチバック車の「ZOE(ゾエ)」や「トゥインゴ」のEV仕様「トゥインゴZ.E.」なども販売している。2022年までにバンとミニバンの全ラインナップを電動化するとアナウンスしており、その流れをより一層加速させていくようだ。

2020年11月12日に世界初披露された次期型「ルノー・カングー」。
2020年11月12日に世界初披露された次期型「ルノー・カングー」。拡大
同時にお披露目された商用バージョンの「カングー バン」。黒いバンパーがフロントマスクの大半を覆っている。
同時にお披露目された商用バージョンの「カングー バン」。黒いバンパーがフロントマスクの大半を覆っている。拡大
「カングー」のフロントマスクの移り変わり。新型は歴代モデルで最もキリッとした顔つきになる。
「カングー」のフロントマスクの移り変わり。新型は歴代モデルで最もキリッとした顔つきになる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事