クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること

2020.12.04 デイリーコラム

ハイブリッドしか選べない

2020年11月24日、日産のコンパクトカー「ノート」がおよそ8年ぶりに一新された。

ノートは、言わずと知れた日産の売れ筋商品。なかでも2016年に追加された「e-POWER」、すなわちガソリンエンジンで発電し、その電力でモーターを駆動するハイブリッドモデルは市場で高く評価されてきた。

が、新型は逆に「コレしか選べない」というから驚く。先代でe-POWERが売れたといってもノート全体の7割程度であり、残り3割は純ガソリンエンジン車。それをバッサリ切り捨てるとは、ずいぶん思い切ったものだ。もちろんそこには、「未来を見据え電動化を重視している」という企業イメージを示す意図もあるのだろうが……。“やっちゃえNISSAN”ということなのか?

そのあたりを開発責任者の渡邊明規雄さんに問うてみると、なかなかシビアな面もあるらしい。

「このクラスのガソリンエンジンのクルマは、あまりにも競争が激しくて、とことん(価格を下げて)いかないと勝負にならないんですよ」

であれば、限りある経営資源を、比較的価格の高い上位グレードであり、しかも国内ユーザーの支持の厚いe-POWERモデルに集中したほうが効率的、というわけだ。ちなみに新型ノートは、実質的に国内専用車(1%ほどがシンガポール向けで残りが国内)である。

パワートレインの主要な構成要素となる1.2リッター直3ガソリンエンジンと電気モーターこそ先代からのスライドであるものの、その“磨き上げ”は相当なもの。高度な制御技術が採用され、たとえラフなアクセルワークをしても乗員に不快な動きが伝わらないよう、加減速の滑らかさが追求されている。

上質感という点では、静粛性にも大いに配慮されている。構造的な防音はもちろん、先代で不評だった「発電のために突然エンジンが稼働してしまう点」を改善。新型においては、そうしたノイズが極力意識されないよう、路面の荒れているところ(=車内にロードノイズが侵入しやすいところ)を検知するやコソっと発電する(!)という技まで使えるようになっている。まるで、賢い家電のようだ。

2020年11月にデビューした3代目「日産ノート」。今回は開発責任者の渡邊明規雄さん(写真中央)に話を聞いた。
2020年11月にデビューした3代目「日産ノート」。今回は開発責任者の渡邊明規雄さん(写真中央)に話を聞いた。拡大
キックアップしたショルダーラインや一文字型のテールランプも外観の特徴。ボディーカラーは単色と2トーンを合わせ計13種類がラインナップされる。
キックアップしたショルダーラインや一文字型のテールランプも外観の特徴。ボディーカラーは単色と2トーンを合わせ計13種類がラインナップされる。拡大
1.2リッター直3エンジンとモーターを組み合わせた電動パワートレイン「e-POWER」。新型のそれは、力強さだけでなく加減速の滑らかさにもこだわって開発したという。
1.2リッター直3エンジンとモーターを組み合わせた電動パワートレイン「e-POWER」。新型のそれは、力強さだけでなく加減速の滑らかさにもこだわって開発したという。拡大
インテリアでは、ブリッジ型のセンターコンソールとダッシュボード手前に広がる大きな液晶ディスプレイが目を引く。
インテリアでは、ブリッジ型のセンターコンソールとダッシュボード手前に広がる大きな液晶ディスプレイが目を引く。拡大

走りのよさには期待できる?

一方、スペックを見ると、先代よりも明らかにパワフルになっている。エンジン単体の最高出力は79PSから82PSにアップ(最大トルクは103N・mで据え置き)。モーターの最高出力は109PSから6%増しの116PSに、最大トルクにいたっては254N・mから280N・mへと10%もアップしている。この数値を見るに、「従来のコンパクトカーを超えた余裕のある走りを実現」「EVで体感できる、あの力強さに近い」といううたい文句にウソはなさそうだ。

自慢のパワートレインがおさまるボディーは、しかし、先代より小さくなっている。全長×全幅×全高=4045×1695×1520mmという寸法は、幅と高さは先代と変わらないものの、55mmも短い。クルマのモデルチェンジとしては、異例のことではないだろうか。

「たしかにカタログ上は55mm差ですが、それは、新型ノートのリアコンビランプが突き出たデザインだから。実質的には(ボディーシェルで比較するなら)100mmも小さくなっているんです」と渡邊さん。

「先代は、やや胴長というか、いわゆるハッチバックの王道プロポーションではなかった。長く見えるために『運転しにくそうだ』という印象を持たれてしまったようで、その点は改める必要がありました。でも、新型もキャビンの広さはクラストップ。小回り性のよさ(最小回転半径は4.9m)も自慢です」

渡辺さんは、新型ノートの一番のライバルに新型「ホンダ・フィット」を挙げる。「トヨタ・ヤリス」は、先代にあたる「ヴィッツ」よりもドライバーズカー的なキャラクターが強くなったので、ちょっと違うかな、とも付け加えた。

しかし、新開発プラットフォームを得て開発された新型ノートのボディー剛性は30%もアップしている。同じくサスペンション剛性は10%増し。ステアリング剛性にいたっては90%増しというからほぼ倍だ。走りの面では「フォルクスワーゲン・ポロ」も研究対象としているらしい。

しかも渡邊さん、2001年に入社してから2018年にノートの開発責任者に就任するまで、専門はずーっと、クルマのハンドリングや乗り心地を見る「性能設計」だったというのだ。……ってことは、新型ノートは、意外に“走りのクルマ”なんじゃなかろうか?

そう思いながら同モデルのオンライン発表会にも参加したところ、質疑応答のコーナーで「ライバルに対するアドバンテージは?」と聞かれた渡邊さんは、「走りのよさ」と即答していた。やっぱりノートは、エコカーの皮をかぶった走りのクルマなのか……? webCGの試乗記で、あらためてそのドライブフィールをお伝えできればと思う。

(文と写真と編集=関 顕也)

ボディーの幅と高さは先代と変わらないものの、全長は先代比で55mm短縮。ホイールベース(2580mm)は先代より20mm短くなった。
ボディーの幅と高さは先代と変わらないものの、全長は先代比で55mm短縮。ホイールベース(2580mm)は先代より20mm短くなった。拡大
ボディーの前後長が短くなったことで、後席のニールームも狭くなった。それでも、他ブランドのライバル車に対しては、同等以上の広さを確保しているとアピールされる。
ボディーの前後長が短くなったことで、後席のニールームも狭くなった。それでも、他ブランドのライバル車に対しては、同等以上の広さを確保しているとアピールされる。拡大
新型「ノート」は2020年12月にFF車から発売。4WD車については、2021年2月のデリバリーが予定されている。
新型「ノート」は2020年12月にFF車から発売。4WD車については、2021年2月のデリバリーが予定されている。拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 ノート の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。