ルノーが「トゥインゴ シグネチャー」に新たなボディーカラーを追加

2020.12.04 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ シグネチャー(写真はボディーカラーが「ブラン クオーツ メタリック」のモデル)
ルノー・トゥインゴ シグネチャー(写真はボディーカラーが「ブラン クオーツ メタリック」のモデル)拡大

ルノー・ジャポンは2020年12月3日、コンパクトカー「トゥインゴ」の特別仕様車である「シグネチャー」に新たなボディーカラー「ブラン クオーツ メタリック」を設定し、販売を開始した。

ベースモデルは「トゥインゴEDC」。トランスミッションはATのみとなる。
ベースモデルは「トゥインゴEDC」。トランスミッションはATのみとなる。拡大
特徴的な表皮で仕立てられた、「トゥインゴ シグネチャー」専用シート。
特徴的な表皮で仕立てられた、「トゥインゴ シグネチャー」専用シート。拡大
16インチアロイホイール
16インチアロイホイール拡大
2020年4月に導入された「ブルー オセアン メタリック」カラーのモデルも選択可能。
2020年4月に導入された「ブルー オセアン メタリック」カラーのモデルも選択可能。拡大

トゥインゴ シグネチャーは2020年4月9日に初登場した、「トゥインゴEDC」をベースとする特別仕様車。トゥインゴの車名の由来となった「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉をイメージしてデザインした「TWINGO」のタイポグラフィーが、サイドストライプやシート、キッキングプレートにあしらわれている。

これまで同モデルのボディーカラーは青系の「ブルー オセアン メタリック」だけだったが、今回新たに白系のブラン クオーツ メタリックも選べるようになった。

そのほか外装についてはコーナリングランプ機能付きのフォグランプや16インチアロイホイールが装着されており、ブルーの内装にはルージュのアクセントが施されている。

これらを含むトゥインゴ シグネチャーの特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブルー オセアン メタリック、ブラン クオーツ メタリック
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)
  • プライバシーガラス
  • 16インチアロイホイール
  • 専用サイドストライプ(車体色がブルー オセアン メタリックのモデルはルージュストライプ、ブラン クオーツ メタリックのものはブルーストライプ)
  • 専用キッキングプレート
  • ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)
  • 専用レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • サブウーハー
  • リアシート下収納ネット

価格は217万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • トヨタが「クルマの進化」まで提供するサービス発表 「GRヤリス」ベースの特別仕様車も設定 2021.6.7 自動車ニュース トヨタ自動車とKINTOは2021年6月7日、「人に寄り添って進化するクルマ」の提供に取り組むとともに、新製品「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」の取り扱いをKINTOを通じて開始したと発表した。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
ホームへ戻る