ルノーが「トゥインゴ シグネチャー」に新たなボディーカラーを追加

2020.12.04 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ シグネチャー(写真はボディーカラーが「ブラン クオーツ メタリック」のモデル)
ルノー・トゥインゴ シグネチャー(写真はボディーカラーが「ブラン クオーツ メタリック」のモデル)拡大

ルノー・ジャポンは2020年12月3日、コンパクトカー「トゥインゴ」の特別仕様車である「シグネチャー」に新たなボディーカラー「ブラン クオーツ メタリック」を設定し、販売を開始した。

ベースモデルは「トゥインゴEDC」。トランスミッションはATのみとなる。
ベースモデルは「トゥインゴEDC」。トランスミッションはATのみとなる。拡大
特徴的な表皮で仕立てられた、「トゥインゴ シグネチャー」専用シート。
特徴的な表皮で仕立てられた、「トゥインゴ シグネチャー」専用シート。拡大
16インチアロイホイール
16インチアロイホイール拡大
2020年4月に導入された「ブルー オセアン メタリック」カラーのモデルも選択可能。
2020年4月に導入された「ブルー オセアン メタリック」カラーのモデルも選択可能。拡大

トゥインゴ シグネチャーは2020年4月9日に初登場した、「トゥインゴEDC」をベースとする特別仕様車。トゥインゴの車名の由来となった「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉をイメージしてデザインした「TWINGO」のタイポグラフィーが、サイドストライプやシート、キッキングプレートにあしらわれている。

これまで同モデルのボディーカラーは青系の「ブルー オセアン メタリック」だけだったが、今回新たに白系のブラン クオーツ メタリックも選べるようになった。

そのほか外装についてはコーナリングランプ機能付きのフォグランプや16インチアロイホイールが装着されており、ブルーの内装にはルージュのアクセントが施されている。

これらを含むトゥインゴ シグネチャーの特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブルー オセアン メタリック、ブラン クオーツ メタリック
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)
  • プライバシーガラス
  • 16インチアロイホイール
  • 専用サイドストライプ(車体色がブルー オセアン メタリックのモデルはルージュストライプ、ブラン クオーツ メタリックのものはブルーストライプ)
  • 専用キッキングプレート
  • ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)
  • 専用レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • サブウーハー
  • リアシート下収納ネット

価格は217万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース