ルノーが「トゥインゴ シグネチャー」に新たなボディーカラーを追加

2020.12.04 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ シグネチャー(写真はボディーカラーが「ブラン クオーツ メタリック」のモデル)
ルノー・トゥインゴ シグネチャー(写真はボディーカラーが「ブラン クオーツ メタリック」のモデル)拡大

ルノー・ジャポンは2020年12月3日、コンパクトカー「トゥインゴ」の特別仕様車である「シグネチャー」に新たなボディーカラー「ブラン クオーツ メタリック」を設定し、販売を開始した。

ベースモデルは「トゥインゴEDC」。トランスミッションはATのみとなる。
ベースモデルは「トゥインゴEDC」。トランスミッションはATのみとなる。拡大
特徴的な表皮で仕立てられた、「トゥインゴ シグネチャー」専用シート。
特徴的な表皮で仕立てられた、「トゥインゴ シグネチャー」専用シート。拡大
16インチアロイホイール
16インチアロイホイール拡大
2020年4月に導入された「ブルー オセアン メタリック」カラーのモデルも選択可能。
2020年4月に導入された「ブルー オセアン メタリック」カラーのモデルも選択可能。拡大

トゥインゴ シグネチャーは2020年4月9日に初登場した、「トゥインゴEDC」をベースとする特別仕様車。トゥインゴの車名の由来となった「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉をイメージしてデザインした「TWINGO」のタイポグラフィーが、サイドストライプやシート、キッキングプレートにあしらわれている。

これまで同モデルのボディーカラーは青系の「ブルー オセアン メタリック」だけだったが、今回新たに白系のブラン クオーツ メタリックも選べるようになった。

そのほか外装についてはコーナリングランプ機能付きのフォグランプや16インチアロイホイールが装着されており、ブルーの内装にはルージュのアクセントが施されている。

これらを含むトゥインゴ シグネチャーの特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブルー オセアン メタリック、ブラン クオーツ メタリック
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)
  • プライバシーガラス
  • 16インチアロイホイール
  • 専用サイドストライプ(車体色がブルー オセアン メタリックのモデルはルージュストライプ、ブラン クオーツ メタリックのものはブルーストライプ)
  • 専用キッキングプレート
  • ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)
  • 専用レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • サブウーハー
  • リアシート下収納ネット

価格は217万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る