マツダが「ロードスター」「ロードスターRF」のカラーバリエーションを拡充

2020.12.10 自動車ニュース
マツダ・ロードスターRSホワイトリミテッドセレクション
マツダ・ロードスターRSホワイトリミテッドセレクション拡大

マツダは2020年12月11日、オープントップスポーツ「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良し、販売を開始した。

ロードスターRF RSホワイトリミテッドセレクション
ロードスターRF RSホワイトリミテッドセレクション拡大
「ロードスターRSホワイトリミテッドセレクション」の内装。
「ロードスターRSホワイトリミテッドセレクション」の内装。拡大
「ロードスターRSホワイトリミテッドセレクション」が装備するピュアホワイトのナッパレザーシート。
「ロードスターRSホワイトリミテッドセレクション」が装備するピュアホワイトのナッパレザーシート。拡大
「ロードスターRF RSホワイトリミテッドセレクション」はBBS製の鍛造17インチアルミホイールを装備する。
「ロードスターRF RSホワイトリミテッドセレクション」はBBS製の鍛造17インチアルミホイールを装備する。拡大

今回は主に内外装のカラーバリエーション拡充を図っている。

内装にはナッパレザー仕様に新色の「ピュアホワイト」を採用。ロードスターには「Sレザーパッケージ ホワイトセレクション」を、ロードスターRFには「VSホワイトセレクション」を、それぞれ新グレードとして設定した。

さらに、ロードスター、ロードスターRFともビルシュタイン製ダンパーが標準装備の「RS」をベースに、内装をピュアホワイトのナッパレザー仕立てとした「RSホワイトリミテッドセレクション」を2021年3月31日までの期間限定販売モデルとして設定。ブレンボ製フロントブレーキに加えて、ロードスターはレイズ製の鍛造16インチアルミホイールとガラス製リアウィンドウ付きソフトトップ(クロスインシュレーター付き)を、ロードスターRFはBBS製鍛造17インチアルミホイールを装備する。

ボディーカラーには従来の「エターナルブルーマイカ」に替えて、新たに「ディープクリスタルブルーマイカ」を設定した(「100周年特別記念車」を除く)。

ラインナップと価格は以下の通り。
【ロードスター】

  • S:260万1500円(6MT)
  • NR-A:275万5500円(6MT)
  • Sスペシャルパッケージ:281万8200円(6MT)/293万3700円(6AT)
  • Sレザーパッケージ:316万9100円(6MT)/328万4600円(6AT)
  • Sレザーパッケージ ホワイトセレクション:320万9800円(6MT)/332万5300円(6AT)
  • RS:333万4100円(6MT)
  • RSホワイトリミテッドセレクション:361万5700円(6MT)
  • 100周年特別記念車:327万9100円(6MT)/339万4600円(6AT)

【ロードスターRF】

  • S:343万9700円(6MT)/346万7200円(6AT)
  • VS:373万5600円(6MT)/376万3100円(6AT)
  • VSバーガンディーセレクション:377万6300円(6MT)/380万3800円(6AT)
  • VSホワイトセレクション:377万6300円(6MT)/380万3800円(6AT)
  • RS:390万0600円(6MT)
  • RSホワイトリミテッドセレクション:418万2200円(6MT)
  • 100周年特別記念車:384万5600円(6MT)/387万3100円(6AT)

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • 日産が新型EV「アリア」の日本での注文受け付けを開始 限定車「リミテッド」を発表 2021.6.4 自動車ニュース 日産がSUVタイプの新型電気自動車「アリア」のオンライン受注を、世界に先駆けて日本で開始した。初版モデルは「プロパイロット2.0」などを標準装備した特別仕様車「リミテッド」で、バッテリー容量66kWh仕様のFF車と4WD車、同91kWh仕様のFF車と4WD車のすべてに設定される。
ホームへ戻る