マツダが「CX-30」を一部改良 走行性能と安全性を向上

2020.12.17 自動車ニュース
マツダCX-30 X 100周年特別記念車
マツダCX-30 X 100周年特別記念車拡大

マツダは2020年12月17日、コンパクトクロスオーバーモデル「CX-30」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車を設定。順次販売を開始した。発売は、「スカイアクティブG 2.0」搭載車が2020年12月17日、その他のモデルが2021年1月となっている。

今回の改良に合わせ、パワーユニットの名称が「eスカイアクティブX」に変更された。
今回の改良に合わせ、パワーユニットの名称が「eスカイアクティブX」に変更された。拡大
なお、「eスカイアクティブX」はマイルドハイブリッド機構を含むパワーユニット全体の名称であり、SPCCIエンジンそのものについては、これまで通り「スカイアクティブX」と呼ばれる。
なお、「eスカイアクティブX」はマイルドハイブリッド機構を含むパワーユニット全体の名称であり、SPCCIエンジンそのものについては、これまで通り「スカイアクティブX」と呼ばれる。拡大
CX-30 X 100周年特別記念車 2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーTOP3選出記念モデル
CX-30 X 100周年特別記念車 2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーTOP3選出記念モデル拡大
オーナーに進呈される専用オーナメント。
オーナーに進呈される専用オーナメント。拡大
専用オーナメントの装着例。
専用オーナメントの装着例。拡大

よりドライバーの意図通りに応答するよう制御を見直し

今回の改良は、走行性能と運転支援システムの機能性の向上を図ったもので、前者については、ガソリンエンジン「スカイアクティブX」およびディーゼルエンジン「スカイアクティブD 1.8」搭載車のパワートレインの制御をアップデートした。

スカイアクティブXに関しては、「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」の燃焼制御を最適化することで、ほぼすべてのエンジン回転域でトルクを強化。最高出力を180PSから190PSに、最大トルクを224N・mから240N・mにそれぞれ向上させた。またエアサプライ(コンプレッサー)の制御もより緻密なものに変更し、素早いアクセル操作に対してより速やかに過給を行うことで、応答性を向上させたという。

同時に、マイルドハイブリッド機構を含む同パワーユニットの名称を、スカイアクティブXから「eスカイアクティブX」に変更。車体のフロントフェンダーとリアに専用のバッジを装着した。

一方、スカイアクティブD 1.8では最高出力を116PSから130PSに向上させるとともに、より広いエンジン回転域で力強いトルクを発生するよう制御を変更。アクセル踏み始めの応答性を大幅に向上させたほか、高速道路の合流・追い越しなどでアクセルを一気に踏み増すようなシーンでも、より力強いトルクを素早く発生させ、かつディーゼルエンジンならではのパワフルな加速が持続するよう見直したという。

運転支援システムについては、追従走行機能とステアリングアシスト機能によって運転疲労の軽減をサポートする「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」の作動上限速度を、これまでの約55km/hから高速道路などでも使える速度まで引き上げたほか、レーダークルーズコントロールの加減速制御を、より人の感覚に合った滑らかなものに変更した。

価格は239万2500円から403万6980円(「100周年特別記念車」を含む)。

オーナーには専用オーナメントもプレゼント

今回設定された「100周年特別記念車 2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーTOP3選出記念モデル」は、車名にも表れている通り、CX-30が2020年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーにおいてトップ3に選出されたことを記念した特別仕様車である。

100周年特別記念車をベースに、ボディーカラーに「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用。またオーナーには、車両に貼り付ける専用オーナメントが進呈される。

価格は315万0380円から406万9980円。

(webCG)

関連キーワード:
CX-30, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-30 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XDエクスクルーシブモード 2020.12.3 画像・写真 マツダが、国内におけるSUV商品群のフラッグシップを担う「CX-8」を一部改良。特に最上級グレード「エクスクルーシブモード」については、より上質感を追求するべく内外装のデザインにも手を加えたという。魅力を増したCX-8の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダが「スーパーカブC125」に新エンジンを搭載 最新の排出ガス規制をクリア 2021.9.16 自動車ニュース ホンダが「スーパーカブC125」を一部改良。新エンジンの採用により高出力化と省燃費化を実現したほか、排ガス浄化性能も強化。最新の排出ガス規制をクリアした。同時に、フロントブレーキにABSを標準装備。アクセサリーとしてグリップヒーターなどを新採用した。
  • ジャガーFタイプR クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.6 試乗記 ジャガーのフラッグシップスポーツ「FタイプR クーペ」に試乗。まずはハンサムなフロントマスクに目を奪われるが、575PSにパワーアップした5リッターV8エンジンや熟成されたシャシーの完成度は、そのルックス以上に注目すべきものだった。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • アウディS3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.8.30 試乗記 1リッターエンジン搭載車が評判の新型「アウディA3」だが、同じコンパクトボディーにハイパワーな2リッターターボエンジンと4WDシステムを詰め込んだ「S3」は、やはり格別だ。ことに端正なフォルムが自慢の「セダン」は、まさに隙のない一台に仕上がっている。
ホームへ戻る