マツダが2代目および3代目「RX-7」のサービスパーツを復刻し販売

2020.12.17 自動車ニュース webCG 編集部

マツダは2020年12月17日、2代目「サバンナRX-7」(1985年から1992年まで生産)と3代目「RX-7」(1991年から2002年まで生産)のサービスパーツを復刻し、再供給すると発表した。

同社は、初代「ロードスター」のレストアサービスや復刻パーツの提供を行っており、RX-7に関するパーツの復刻サービスはそれらに続くもの。公式ホームページ内に設置された「CLASSIC MAZDA」のページでは「新しいクルマだけではなく、古いクルマをも大切にできる社会を育み、世の中の自動車文化に貢献したい」というコンセプトのもと、レストアサービスの作業リポートや提供パーツの情報、パーツリストなどが掲載されている。

今回復刻されるのは、2代目向けが30点、3代目向けが61点。ニーズの高いサービスパーツが選定されており、2021年2月までに販売を開始するという。現在継続販売されているパーツと同じく、マツダの販売店および部品販売会社を通じて購入できる。

(webCG)

マツダの3代目「RX-7」(左)と2代目「サバンナRX-7」(右)。
マツダの3代目「RX-7」(左)と2代目「サバンナRX-7」(右)。拡大

関連キーワード:
RX-7, マツダ, 自動車ニュース