クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ニスモが「GT-R」のレストアを開始! 盛り上がる名車再生サービスの“功”と“罪”

2020.12.28 デイリーコラム

今も昔も気になる存在

少しだけ私の話をさせてほしい。あれは15年ほど前のこと。社会人になりたてだった私は、本気で「日産スカイラインGT-R」を探していた。当時はR34の生産終了から3年ほどということもあり、R34は高価だったが、R32とR33なら、程度のいい個体でも300万円以内で見つけることが可能だった。休日には、日産ディーラーや専門店を見て回ったものである。

もちろん、GT-Rだけに限らず、R34ターボなども調べてみたが、国産FRスポーツカーが絶版に近い状態だったこともあり、どれも割高感は否めなかった。多少なりとも経験を積んだ今なら、その中でもベターな物件を選択できただろう。しかし、百戦錬磨の中古車店を前に、若造には難しい話であった。

なにしろ10年落ち前後の中古車なのに300万円もするわけだから。しかも状態はよさそうでも、どの個体も7万kmほど距離を重ねており、その後のメンテナンスは必須。タイヤ代や保険料などがかさむことも、収入が限られる20代には重くのしかかり、さらには親切な店員が教えてくれた維持にまつわる厳しい現実も、私をしり込みさせた。なんとか手の届きそうなGT-Rには出会ったものの、さまざまな事情から購入を断念。以来GT-Rは、私にとって永遠のアイドルとなってしまった。

それだけに、この12月はじめのニスモの発表には、胸を熱くさせられた。ニスモがGT-Rのレストア事業「NISMO restored car」に着手し、持ち込み依頼はもちろんのこと、完成車の販売まで行うというのだから。

第2世代「GT-R」の最初のモデルであるR32型「日産スカイラインGT-R」。日本車のビンテージイヤーとされる、1989年に登場した。
第2世代「GT-R」の最初のモデルであるR32型「日産スカイラインGT-R」。日本車のビンテージイヤーとされる、1989年に登場した。拡大
R32型の後を継ぎ、1995年に登場したR33型。ベース車のモデルチェンジに伴いサイズアップしたボディーに、トルクを増したRB26エンジンを搭載していた。
R32型の後を継ぎ、1995年に登場したR33型。ベース車のモデルチェンジに伴いサイズアップしたボディーに、トルクを増したRB26エンジンを搭載していた。拡大
第2世代「GT-R」の集大成として、1999年に登場したR34型。“3兄弟”の中でも中古車相場が高めだったが、ここ数年で、それがさらに高騰することとなった。
第2世代「GT-R」の集大成として、1999年に登場したR34型。“3兄弟”の中でも中古車相場が高めだったが、ここ数年で、それがさらに高騰することとなった。拡大
日産 GT-R の中古車

部品供給に立ちはだかる壁

これまでの取り組みを振り返ると、ニスモは2017年11月に日産やオーテックジャパンと協力して「MISMOヘリテージ」を立ち上げ、R32型スカイラインGT-Rの欠品部品の供給を開始。2018年11月には対象車種をR33 GT-RとR34 GT-Rに拡大した。

私はこの取り組みを取材したことがあるのだが、その際、欠品部品の供給には多くの課題があることを知った。特に難題として示されたのが、電子部品だ。第2世代GT-Rには当時の日本が誇るハイテクが満載されており、それゆえに驚異的な性能を発揮。ほぼ国内専用車だったにもかかわらず、世界中のクルマ好きに広く知られる存在となった。しかし時が流れた今、その自慢のハイテクに悩まされることになる。

例えばトランジスタはIC、そしてLSIへと発展し、小型化、軽量化、高性能化が図られた。その進化の過程で、置き換えられた部品は消滅することになる。これがネオヒストリックと呼ばれるクルマの修理の、大きな障害となっているのだ。乱暴な言い方となるが、条件さえ整えば60~70年代のアナログなクルマのほうが、修理は現実的なのだ。それだけに、「新車のパフォーマンスに近づける」というニスモのレストアは、夢のような話に感じられた。

一方で気になるのが、その費用。なによりもコンプリートカーの価格は、多くの人が注目するところだろう。あの頃、GT-Rを手にしなかった私もそのひとり。さらなる情報を求めて早速ニスモに取材を申し込むも、「現時点では、公式サイトの情報がすべて」とのこと。現在もさまざまな準備を進めている最中のようなので、ぜひ近いうちに続報をお届けしたい。

ニスモは2017年12月より、R32型「GT-R」の欠品部品の再生産と販売を開始。まずは走行や車検に必要不可欠となる部品を中心に、ハーネスやホース/チューブ、エンブレム、外装部品などから、供給を開始した。
ニスモは2017年12月より、R32型「GT-R」の欠品部品の再生産と販売を開始。まずは走行や車検に必要不可欠となる部品を中心に、ハーネスやホース/チューブ、エンブレム、外装部品などから、供給を開始した。拡大
テストコースにて性能が確認されるR32型「GT-R」のレストア車。ニスモは「NISMO restored car」の施工内容について、「新車当時の性能に一定のレベルで戻す事を目的とした施工」と説明している。
テストコースにて性能が確認されるR32型「GT-R」のレストア車。ニスモは「NISMO restored car」の施工内容について、「新車当時の性能に一定のレベルで戻す事を目的とした施工」と説明している。拡大
「NISMO restored car」の詳細についてニスモに問い合わせたところ、「現状では公式ウェブサイトにあること以上は説明できません」とのこと。とりあえずは、2021年春にR32型「GT-R」のプロト車両が公開されるというので、それを待とう。
「NISMO restored car」の詳細についてニスモに問い合わせたところ、「現状では公式ウェブサイトにあること以上は説明できません」とのこと。とりあえずは、2021年春にR32型「GT-R」のプロト車両が公開されるというので、それを待とう。拡大

盛り上がりをみせるメーカーの取り組み

昨今、国産スポーツカーは国内外で価値が見直されていることもあり、欠品パーツの再販やレストア事業開始の動きがある。トヨタは「GRヘリテージパーツ」として、歴代「スープラ」と「2000GT」の絶版パーツの一部を復刻。部品の種類は限られるが、現在も新たな部品の供給が続けられている。

さらに踏み込んだ取り組みとなっているのが、マツダによる「クラシックマツダ」だ。「ユーノス・ロードスター」の絶版部品の復刻供給に加え、初期型となる1.6リッターモデルのレストアまで行っている。フルレストアの総額は、およそ500万円。新車時の車両価格の2倍を超えるお値段だが、愛するロードスターが新車同然になるのだから、高くないと思う人も多いだろう。

ただ課題もあり、どんなクルマでもレストアできるわけではなく、サビがないことや、カスタマイズ部品の装着がないこと、そして修復歴がないことなど、一定の条件が課せられる。スポーツカーだけあって、市場に出回るロードスターには修復歴があるものも多い。しかも車齢は30年前後となるだけに、素性がよいものなどごくわずかだろう。このようにベース車を厳選しても、1台として同じ状態のものはないだけに、レストア作業は常に新たな課題と直面する。見てくれだけでなく、走行性能の復活も目指すメーカー主体のレストアは大変なのだ。

一方で、「継続は力なり」ということを教えてくれるのがホンダだ。ホンダが誇るスーパーカー「NSX」は、サーキット走行などのハードな走りも積極的に楽しんでもらうべく、1993年から性能を維持するためのリフレッシュプランが提供されてきた。開始当初は当然ながらフルレストアという車両はなかっただろうが、当時から難しいオールアルミボディーの修復を、このプランを担当するリフレッシュセンターが担ってきた。その知見が今、レストアにも生かされているのだ。

「オートモビル カウンシル2020」にTOYOTA GAZOO Racingが出展した、「トヨタ2000GT」の復刻パーツ。
「オートモビル カウンシル2020」にTOYOTA GAZOO Racingが出展した、「トヨタ2000GT」の復刻パーツ。拡大
マツダは2017年8月に「ロードスター」のレストアサービスを発表。同年12月より、サービスの提供を開始した。
マツダは2017年8月に「ロードスター」のレストアサービスを発表。同年12月より、サービスの提供を開始した。拡大
サビや修理歴がないことや、改造されていないことなど、マツダがレストアベース車に求める条件は厳しいが、それでも問い合わせは引きも切らないという。
サビや修理歴がないことや、改造されていないことなど、マツダがレストアベース車に求める条件は厳しいが、それでも問い合わせは引きも切らないという。拡大
リフレッシュセンターにて、走行テスト前にアライメントのチェックを受ける「ホンダNSX」のリフレッシュ車両。
リフレッシュセンターにて、走行テスト前にアライメントのチェックを受ける「ホンダNSX」のリフレッシュ車両。拡大

レストアの費用はどれほどになるか?

長年の取り組みもあってパーツの調達も安定しており、交換部品はそのほとんどをホンダの部品センターから入手。何らかの事情でそれが困難となった場合も、その都度、その場で手を打ってきた。今では欠品部品を供給してくれるセカンドサプライヤーもしっかり把握しているという。

またNSXの場合、足まわりだけやエンジンまわりだけといった、部分的なリフレッシュのオーダーも多い。これは、大切にされていることからオーバーホールを要する状態まで至っていない個体が多いためで、これなら施工費用は300万円~500万円台に収まる。以前、取材で予算感について聞いた際、「エンジンを除いてフルメニューを施す予定の初期型『NSX-R』の見積もりが、1300万円くらいになりそう。これが今までの最高額」と、例を挙げて説明してくれた。高額といえば高額だが、新車時価格1台分で当時のままによみがえるというのは、意外と夢があるなと思った。

では、日産スカイラインGT-Rの場合はどうなのか。ロードスターとNSXの例、そしてハイテクが満載されたGT-Rの特性を考慮すると、新車価格の500万円では到底おさまらず、2倍の1000万円という数字もそう遠くない額となるのではないか。さらにコンプリートカーでは、このレストア費用がベース車の価格に上乗せとなるはずだ。

そこで現状のGT-Rの価格を中古車検索サイトで調べてみると、R32で最低300万円、R33でも300万円半ば、度肝を抜かれたのがR34で、なんと軒並み1000万円超えだった。平成の“会いに行けるアイドル”的存在だったGT-Rは、今や昭和期の歌謡スター並みに遠い存在となってしまっていた。あくまで私の予想となるが、コンプリートカーの価格は、R32とR33が1000万円ほど、R34については2000万円近いものになるはずで、そうでないと採算が合わない。ニスモの取り組みは、よくも悪くも高騰傾向にある市場価格に影響を与え、ますますそれを刺激することだろう。

プラン次第では、ご覧の通り“どんがら”の状態までクルマを分解してから、修復、塗装、組み立てを行っていく。
プラン次第では、ご覧の通り“どんがら”の状態までクルマを分解してから、修復、塗装、組み立てを行っていく。拡大
リフレッシュセンターの関係者いわく、スポーツ走行を楽しむオーナーも多い「NSX」だが、アルミボディーやエンジンは相当丈夫につくられていたようで、よい状態を保っている個体が多いとのことだった。
リフレッシュセンターの関係者いわく、スポーツ走行を楽しむオーナーも多い「NSX」だが、アルミボディーやエンジンは相当丈夫につくられていたようで、よい状態を保っている個体が多いとのことだった。拡大
先日発表された「NISMO restored car」のサービスは、日産との関係が深いニスモならではの本格的な内容だった。恐らく、施工価格も相当なものとなるのでは……。
先日発表された「NISMO restored car」のサービスは、日産との関係が深いニスモならではの本格的な内容だった。恐らく、施工価格も相当なものとなるのでは……。拡大
今や走行距離10万km超の物件ですら、1000万円オーバーのプライスタグが掲げられる型「スカイラインGT-R」。某ハリウッド映画の影響か、国産スポーツカーの中でも別格の価格高騰ぶりである。
今や走行距離10万km超の物件ですら、1000万円オーバーのプライスタグが掲げられる型「スカイラインGT-R」。某ハリウッド映画の影響か、国産スポーツカーの中でも別格の価格高騰ぶりである。拡大

欲しいクルマは今買っておけ!

しかし、悲観することばかりではない。レストアには当然部品が必要で、その供給体制を維持するためには、取り扱う数量は当然多いほうがいい。部品の復刻や再生産などは、今まで以上にしっかり行われるようになるはずだ。レストアが柱となってのサービス体制の拡充は、長年GT-Rを大切にしてきたオーナー、あるいは一生懸命探して程度のよい個体を手に入れたオーナーが、自身のクルマを“一生もの”にするのを助けてくれるはずだ。

これは他社にも言えることで、それだけレストア事業というのは影響が大きい。例えば、ロードスターで知見を得たマツダは、今度はFC型/FD型「RX-7」のパーツの再供給を発表。多くの反響が集まっていると聞く。世間からすればクルマも耐久消費材のひとつなのだろうが、1台のクルマを長く愛したいというユーザーは、まだまだ多いのだ。

そうしたオーナーの思いを、メーカーの取り組みが後押ししてくれるのはうれしいが、注目されるとニーズが高まり、価格高騰という結果も招くのだから痛しかゆし。今後は、本当に欲しい“憧れの一台”を入手するのは、より厳しいことになるかもしれない。だとすると、今のR32とR33の中古車価格は、多くの人にとって夢を見られるギリギリのラインにあるのではないか。欲しいなら今のうちに買っておけ! というのはありきたりな結論だが、15年間、後悔しつづけている私が言うのだから、間違いない。

(文=大音安弘/写真=日産自動車、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル、マツダ、webCG/編集=堀田剛資)

レストア事業はそれ単体で成立するものではなく、パーツの供給など、付随するサービス体制が整って初めて可能となるものなのだ。
レストア事業はそれ単体で成立するものではなく、パーツの供給など、付随するサービス体制が整って初めて可能となるものなのだ。拡大
マツダは2020年12月に「RX-7」の部品の再供給を発表。供給が継続しているものに加え、FC型では30点、FD型では61点の部品を復刻。2021年2月までに販売を開始するとしている。
マツダは2020年12月に「RX-7」の部品の再供給を発表。供給が継続しているものに加え、FC型では30点、FD型では61点の部品を復刻。2021年2月までに販売を開始するとしている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 GT-R の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。