ニスモが「GT-R」のレストアを開始! 盛り上がる名車再生サービスの“功”と“罪”

2020.12.28 デイリーコラム

今も昔も気になる存在

少しだけ私の話をさせてほしい。あれは15年ほど前のこと。社会人になりたてだった私は、本気で「日産スカイラインGT-R」を探していた。当時はR34の生産終了から3年ほどということもあり、R34は高価だったが、R32とR33なら、程度のいい個体でも300万円以内で見つけることが可能だった。休日には、日産ディーラーや専門店を見て回ったものである。

もちろん、GT-Rだけに限らず、R34ターボなども調べてみたが、国産FRスポーツカーが絶版に近い状態だったこともあり、どれも割高感は否めなかった。多少なりとも経験を積んだ今なら、その中でもベターな物件を選択できただろう。しかし、百戦錬磨の中古車店を前に、若造には難しい話であった。

なにしろ10年落ち前後の中古車なのに300万円もするわけだから。しかも状態はよさそうでも、どの個体も7万kmほど距離を重ねており、その後のメンテナンスは必須。タイヤ代や保険料などがかさむことも、収入が限られる20代には重くのしかかり、さらには親切な店員が教えてくれた維持にまつわる厳しい現実も、私をしり込みさせた。なんとか手の届きそうなGT-Rには出会ったものの、さまざまな事情から購入を断念。以来GT-Rは、私にとって永遠のアイドルとなってしまった。

それだけに、この12月はじめのニスモの発表には、胸を熱くさせられた。ニスモがGT-Rのレストア事業「NISMO restored car」に着手し、持ち込み依頼はもちろんのこと、完成車の販売まで行うというのだから。

第2世代「GT-R」の最初のモデルであるR32型「日産スカイラインGT-R」。日本車のビンテージイヤーとされる、1989年に登場した。
第2世代「GT-R」の最初のモデルであるR32型「日産スカイラインGT-R」。日本車のビンテージイヤーとされる、1989年に登場した。拡大
R32型の後を継ぎ、1995年に登場したR33型。ベース車のモデルチェンジに伴いサイズアップしたボディーに、トルクを増したRB26エンジンを搭載していた。
R32型の後を継ぎ、1995年に登場したR33型。ベース車のモデルチェンジに伴いサイズアップしたボディーに、トルクを増したRB26エンジンを搭載していた。拡大
第2世代「GT-R」の集大成として、1999年に登場したR34型。“3兄弟”の中でも中古車相場が高めだったが、ここ数年で、それがさらに高騰することとなった。
第2世代「GT-R」の集大成として、1999年に登場したR34型。“3兄弟”の中でも中古車相場が高めだったが、ここ数年で、それがさらに高騰することとなった。拡大
日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る