「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」の改良モデル登場 「MBUX」を標準装備

2021.01.13 自動車ニュース
メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン
メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年1月13日、ポップアップルーフを備えたミニバン「V220d Marco Polo HORIZON(マルコ・ポーロ ホライゾン)」の一部改良モデルを発表し、同日、予約注文の受け付けを開始した。

ダッシュボード中央に10.25インチのワイドスクリーンを配置。コントローラーはダイヤルとタッチパッドの併用式から、面積が拡大されたフルタッチバッド式に変更された。
ダッシュボード中央に10.25インチのワイドスクリーンを配置。コントローラーはダイヤルとタッチパッドの併用式から、面積が拡大されたフルタッチバッド式に変更された。拡大
ポップアップルーフは、展開するとルーフ上にフラットな就寝スペースを確保できる。
ポップアップルーフは、展開するとルーフ上にフラットな就寝スペースを確保できる。拡大

同車は前述のポップアップルーフのほか、車内で快適に休むことができるフルフラット機能付きベンチシートや回転式シート(前席)などを備えた、キャンプなどのアウトドアレジャーに便利なモデルである。

今回の一部改良では、ダッシュボード中央に10.25インチのワイドスクリーンを組み込み、「ハイ、メルセデス」という音声で起動する対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」が標準装備された。MBUXはナビの目的地入力や電話通話、音楽メディアの選択、空調、照明などを音声でコントロールできる。

ベースとなる「Vクラス」は、2020年7月13日に実施された一部改良で、同機能をすでに搭載済み。

価格は957万円で、納車開始は同年1月下旬ごろを予定している。

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • 「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」が日本上陸 7人乗車が可能な高性能モデル 2021.1.12 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年1月12日、「メルセデス・ベンツGLB」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。1月末ごろの納車開始がアナウンスされている。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る