日本限定のランボルギーニ 「アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」登場

2021.01.22 自動車ニュース
ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション
ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション拡大

アウトモビリ・ランボルギーニは2021年1月22日、台数7台の限定車「ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」を発表した。

バンパーやボンネットなどが明るいアクセントカラーで飾られる。
バンパーやボンネットなどが明るいアクセントカラーで飾られる。拡大
インテリアは、エクステリアのアクセントカラーと同系の色でドレスアップされる。
インテリアは、エクステリアのアクセントカラーと同系の色でドレスアップされる。拡大

アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディションは、2021年の生産終了が予定されているスーパースポーツモデル「アヴェンタドールS」の集大成とされる限定車。クローズドボディーとオープントップの2タイプで、合わせて7台が販売される。

エクステリアはVERDE TURBINE(ダークグリーン)、GRIGIO VULCANO(グレー)、NERO PULSO(ブラック)、BLU EMERA(ネイビー)という4種類のマットカラーで、 シャイニーなアクセントカラーがフロントボンネット、サイドシル、リアバンパーなどに施されている。これらボディーカラーとアクセントカラーの組み合わせは、それぞれ異なる。

一方、インテリアカラーはブラック基調で、エクステリアのアクセントカラーと同系色のステッチやロゴ刺しゅうが施されるほか、アド・ペルソナムによるディテールのカスタマイズも可能となっている。

なおアヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディションのコンフィギュレーションは、東京・六本木にあるランボルギーニの常設ラウンジ内に設置された、イタリア本社以外では世界初となるアド・ペルソナム専用スタジオで行われる。

デリバリーの開始時期は、2021年の夏以降になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, アヴェンタドール ロードスター, ランボルギーニ, 自動車ニュース