日本限定のランボルギーニ 「アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」登場

2021.01.22 自動車ニュース
ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション
ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション拡大

アウトモビリ・ランボルギーニは2021年1月22日、台数7台の限定車「ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」を発表した。

バンパーやボンネットなどが明るいアクセントカラーで飾られる。
バンパーやボンネットなどが明るいアクセントカラーで飾られる。拡大
インテリアは、エクステリアのアクセントカラーと同系の色でドレスアップされる。
インテリアは、エクステリアのアクセントカラーと同系の色でドレスアップされる。拡大

アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディションは、2021年の生産終了が予定されているスーパースポーツモデル「アヴェンタドールS」の集大成とされる限定車。クローズドボディーとオープントップの2タイプで、合わせて7台が販売される。

エクステリアはVERDE TURBINE(ダークグリーン)、GRIGIO VULCANO(グレー)、NERO PULSO(ブラック)、BLU EMERA(ネイビー)という4種類のマットカラーで、 シャイニーなアクセントカラーがフロントボンネット、サイドシル、リアバンパーなどに施されている。これらボディーカラーとアクセントカラーの組み合わせは、それぞれ異なる。

一方、インテリアカラーはブラック基調で、エクステリアのアクセントカラーと同系色のステッチやロゴ刺しゅうが施されるほか、アド・ペルソナムによるディテールのカスタマイズも可能となっている。

なおアヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディションのコンフィギュレーションは、東京・六本木にあるランボルギーニの常設ラウンジ内に設置された、イタリア本社以外では世界初となるアド・ペルソナム専用スタジオで行われる。

デリバリーの開始時期は、2021年の夏以降になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, アヴェンタドール ロードスター, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表 2021.7.8 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2021年7月7日(現地時間)、フラッグシップスーパースポーツ「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の最後を飾る限定車「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」を発表した。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る